menu
閉じる
  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 雑誌掲載
  5. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  6. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  7. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
閉じる
閉じる
  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる(Vol65)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お花見の季節も終わりつつありますね。
儚いから美しい。
でも1ヶ月くらいはこの季節が続けばいいなあと、いつも思ってしまいますね。
その一方で、花びらと葉が混在する葉桜の醜さも、好きです。
 終わりと始まりの混在。カオス的な雰囲気も楽しめるものですね。
<目次>
  1)今日のオススメの一冊
 2)付箋
 3)気づき
 4)本書の目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)今日のオススメの一冊                 〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる』
佐々木 俊尚 (著)
出版社:ちくま新書 (2011/2/9) 314ページ

-----
村上: S子さんは、Foursquare(フォースクウェア)ってやってる?
S子: ?? 知らないわよ ?? そんなの。
村上: スマートフォンにGPSが付いているじゃないですか。
    その位置情報を使って、「今どこどこの店にいます!」と
    チェックインしたことを発信できるんですよ!
S子: そんなのやって楽しいの?
村上: 来店回数が多いと、その地区のMayorになれたりするので、
    ついつい、ログインしちゃいますねえ。
    また、そのお店に過去に来た人がTIPSを登録してくれていたりすので、
    役に立つ情報も照会できますよ。
S子: 私がそんなの始めたら、ファンがその店に群がっちゃうからダメね。
村上: ・・・・
情報化社会の中、自分のつぶやきやらで、自分の属性がどんどん
漏れていっている。そうした情報を使って企業がマーケティングを行うのは
正しい姿でありつつも、消費者からすると、「なんだか気持ち悪い」と
感じがちである。
その点、自らが主体的にチェックインして発信した情報であれば、
それに対して企業がマーケティングをしてくれても、
それほど違和感はないのではないだろうか?
Foursquareが流行するかは別にして、「チェックイン」するという
観点は今後のキーワードとなるかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋 ~本書からの内容抽出です            〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・マウスプロモーションの終焉
「大衆」と呼ばれるような膨大な数の人々に対してまとめてドカーンと
情報を投げ込み、みんなそれに釣られてモノを買ったり、映画を観たり
音楽を聴いたり、というような消費行動は、2000年代以降、
もう成り立たなくなってきています。
・アンビエント
アンビエントというのは、私たちが触れる動画や音楽、書籍などの
コンテンツがすべてオープンに流動化し、いつでもどこでも手に入るような
かたちであたり一面に漂っている状態。
・渋谷HMV閉店の理由
配信や、アマゾンが、閉店の理由でもない。
結局は人なんだよ。
結局は音なんだよ。
僕は少なくともそう思う。
・記号消費
記号消費そのものが消滅するという考え方もあります
記号消費というのは、商品そのものではなく、商品が持っている
社会的価値(記号)を消費するということ。
(中略)
例えばクルマの機能は「人を運ぶための移動の道具」ですが、
ベンツなどの高級輸入車には、「高い外車にのっているセレブ」という
ような社会的意味が加えられています。
(中略)
社会的ステータスとしてのベンツを購入するわけえ、これが記号消費です。
・キュレーション・ジャーナリズム
1次情報を取材して書くという行為の価値はインターネット時代に入っても
なくなるわけではありません。しかしそうした1次取材を行うジャーナリズムと
同じくらいに、すでにある膨大な情報を仕分けして、
それらの情報が持つ意味を読者にわかりやすく提示できるジャーナリストの
価値も高まってきているということなのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき                    〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネット社会では、情報の真贋を見極める、「情報リテラシー」の重要性が
指摘される。しかし、情報が大量にあふれる中、現実的に真贋を見極められない
状態になりつつある。
では、どうするか!?
情報ではなく、信頼性の高い情報発している人を選ぶことになる。
人とのつながり、それこそが今の時代の情報リテラシーなのかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 4)本書の目次                     〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
プロローグ
 ジョゼフ・ヨアキムの物語 →アマゾンから10ページほどダウンロードできます!
第1章 無数のビオトープが生まれている
第2章 背伸び記号消費の終焉
第3章 視座にチェックインするという新たなパラダイム
第4章 キュレーションの時代
第5章 私たちはグローバルな世界とつながっていく
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる』
佐々木 俊尚 (著)
出版社:ちくま新書 (2011/2/9) 314ページ

関連記事

  1. 「デザイン思考」でゼロから1をつくりだす

  2. スターバックスのライバル は、リッツ・カールトンである。 本当の…

  3. ヒットの経営学(日本経済新聞社)

  4. WIDE LENS~イノベーションを成功に導くエコシステム戦略~…

  5. 金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?

  6. Vol11.黄金のおにぎり

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
ページ上部へ戻る