閉じる
  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 仕事ができる人の最高の時間術
  3. 雑誌掲載
  4. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  5. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  6. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  7. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  8. やさしい行動経済学
  9. 「残業ゼロ」の仕事力
閉じる
閉じる
  1. ヒトラーの大衆扇動術
  2. ティール(Teal)組織
  3. 「仕事はもっと楽しくできる」 大企業若手50社1200人 会社変革ドキ…
  4. GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代
  5. ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則
  6. モンテレッジオ 小さな村の旅する本屋の物語
  7. 平均思考は捨てなさい~出る杭を伸ばす個の科学
  8. 予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」
  9. 聖の青春
  10. トヨタの強さの秘密 日本人の知らない日本最大のグローバル企業
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

カテゴリー:31_小説

おはようございます。本シェルジュの丸山祐哉です。突然ですが、北海道にあるいわた書店が提供しているサービス、「一万円選書」をご存知でしょうか?当選者に、店主の岩田さんがお勧めの書籍を一万円分選んでく…

おはようございます。本シェルジュの丸山祐哉です。お盆は新しい本を読むのではなく、昔読んだ本を再読する時間にあてました。再読した中で、「やはり名作だなー」と感じた一冊を本日は紹介します。&n…

青いのが読みたいときにどうぞ。いい意味でも悪い意味でも裏切られたかな。圧倒的な後味の悪さのママ、後味の悪さを残すという終わりもあったと思うのだけれども、最後は青春モノでしめて、意外と光が見えた作品厨二病の重症な二人が、どんな倶楽部を…

時々、ベタッとした甘いのが読みたくなるんですよね。「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の通りの内容でした。まあ時空ものファンタジー。タイムリミットものファンタジーとも言える。ものすごくありそうな展開で、そういえば、今までなかった…

私気になります。の氷菓シリーズ。原作はもちろん、ずっと大好きで読んでいますが、風邪引いて寝込んだついで、アニメをどーんと見てしまいました。基本的には、後からアニメ化とか漫画化とかすきじゃないです。本のほうがイメージが膨らみますもんね…

みなさん、こんにちは。本シェルジュの岩永です。 12月の本シェルジュは、『今年最高のビジネス書』というテーマでお送り しています。 今回、ご紹介するのは、1984年に原書が発刊され、世界で1000万人以上が 読んだとされる…

こんにちは!本シェルジュの関です。10回目の投稿です。早いものでもう12月ですね。1年は本当にあっという間です。忘年会シーズンに入り、日々お疲れだと思いますが、お体ご自愛くださいね。私は早くも風邪をひき、毎日つらい生活を送っています……

へこんだとき、がんばれないとき、力が出ない時・・・もちろん、ビジネス書でも救ってくれることはありますが、やはり、最後に心に届く度では、小説なんじゃないかなあと。自分のトーンが落ちている時、読み返す小説を集めました。関…

おはようございます、本シェルジュの村上です。今日ご紹介するのは、歴史小説・・・と言っていいでしょうか。現在公開されている、三谷幸喜監督の映画「清州会議」http://www.kiyosukaigi.com/の原作本です。清洲という…

こんにちは。本シェルジュの岩永です。今回が2回目となります。前回は、少し古い本をご紹介いたしましたが、今回は新刊のご紹介です。いわゆる「ビジネス小説」と呼ばれるジャンルの本です。この手の本は、当たりとハズレが両極端になる傾向がある…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る