menu
閉じる
  1. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. 雑誌掲載
  7. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
閉じる
閉じる
  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

デザインセンスを身につける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本シェルジュの村上です。
メルマガ未発行書評です。
あまり、センスがいいね!とは言われません(^^;
 どうやったらセンスよくなるんでしょうね。

はじめに
第1章 センスとは何か
第2章 なりたい自分をデザインする技術
第3章 プレゼンはデザインで勝負
第4章 デザインでブランドが育つ
第5章 デザインがわかると未来が見える。
第1章から、わりと意表をつかれました。
アイコンの話。
FacebookやTwitterでのアイコンの話でした。
たしかに、強烈な印象づけができるアイコンありますね。
その画面では、なぜかその人のアイコンばかりがめだっているやつ。
工夫次第で印象深いアイコンが出来るという紹介でした。
 早速やってみよう。
とはいえ、アイコンに工夫しているなあ!という印象をうけるアイコンは
70%くらいは、マイナスの印象を受けたりします。
ようは、工夫しているのに、あんまりかっこよくなかったらりしているという意味です。
後半に進むに連れて抽象度もだんだん上がっていく本でしたが、
前半部分までは、非常に実用的な書であったと思います。

関連記事

  1. vol.52 企画書は見た目で勝負

  2. 27歳からのMBA グロービス流ビジネス勉強力

  3. コンサルタントの習慣術 頭を鍛える「仕組み」をつくれ

  4. すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な”方法

  5. LIFE SHIFT~100年時代の人生戦略~

  6. 気づきコミュニケーション 人も企業も!成長の原点はいつも「気づ…

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
ページ上部へ戻る