閉じる
  1. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  2. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  3. 仕事ができる人の最高の時間術
  4. 「残業ゼロ」の仕事力
  5. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  6. 雑誌掲載
  7. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  8. やさしい行動経済学
  9. 捨てられる銀行2 非産運用
閉じる
閉じる
  1. ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則
  2. モンテレッジオ 小さな村の旅する本屋の物語
  3. 平均思考は捨てなさい~出る杭を伸ばす個の科学
  4. 予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」
  5. 聖の青春
  6. トヨタの強さの秘密 日本人の知らない日本最大のグローバル企業
  7. スマート工場のしくみ IoT、AI、RPAで変わるモノづくり
  8. 決断力
  9. 仕事を高速化する「時間割」の作り方
  10. 未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

モンテレッジオ 小さな村の旅する本屋の物語

こんにちは。本シェルジュの三上友美恵です。

本の問屋さんに勤務し、本屋さんへ本を届ける仕事にずっと携わってきた私に
とって、近年の出版業界の厳しい状況は胸のつまる思いです。
そんな中、弊社のPI(Publishes Incubation)推進プロジェクトで産声を上げた
方丈社さんから「本を売る」という原点を再認識させてもらえる本が出版され
ました。方丈社さんの「深くて、豊かで、明るい本をつくる」という理念がその
まま形になった本です。

イタリアの山奥にある小さな村がなぜ「本の行商人の村」になったのか。
著者と一緒にイタリアを旅をしながら、本の「作り手」「売り手」の思いを
感じてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1)本日紹介する書籍
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

モンテレッジオ 小さな村の旅する本屋の物語
方丈社 (2018/4/6) 292ページ
内田 洋子
https://www.amazon.co.jp/dp/4908925291/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2)本書を選んだ理由    どんな人が読むべき?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本を愛するすべての人に。
私たちの身近にある「本」はどうやって普及してきたのか?
『本屋大賞』の先駆けといえるイタリアの著名な文学賞『露店商賞』はなぜ
生まれたのか?
ページをめくるたびに、イタリアの風を感じる1冊です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3)付箋 ~本書からの内容抽出です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

P198
神の言葉を運ぶ行商人には、神々しい本の情報が届いたのかもしれない。
本の行商とは、本を売るだけの商売ではなかったようだ。現代の書店が、
本を売るだけの場所ではないように。

P208
それまでの本を読む人たちとは異なる種類の人たちが、各地で行商人たち
の運んでくる本を心待ちにした。書店は高価で難解な専門書ばかり扱って
いて、敷居が高い。気軽に手に取り、好きなだけページを操ってみたい。
露店なら、いくらでも本に触れることができる。冒険や恋愛など、身近な
内容の雑誌もある。気に入れば、自分たちにも買える本がある。店主である
行商人たちは丁寧に相手になってくれるのだった。

(中略)行商人たちは庶民の好奇心の懐事情に精通した。客一人ひとりに
合った本を見繕って届けるようになっていく。客たちにとって、行商人が
持ってくる本は未来の友人だった。

P212
毎朝四時に台に本を並べました。昔は、営業時間など決まっていません
でしたから。早くに台の前を農家の人たちが通ります。泥のついた靴で
立ち止まると、
「『ピノッキオ』を一冊頼みます。一番きれいなのをお願いしますよ」と、
買ってくれたからでした。
『白雪姫』『シンデレラ』『赤ずきんちゃん』『長靴を履いた猫』など、
子供向けの本はよく売れましたね。ことさらクリスマス前は盛況でした。

P215
六歳の子が思い籠を背負って、夜の山道を一人で歩く姿を思い浮かべて
胸がいっぱいになる。
「モンテレッジオ人たちがしないで、誰がする。文化は重たいものなのです」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4)今日の気づき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本はもともと高級品で、庶民には手が届かないものでした。
それを活版印刷が庶民にも身近に感じられるものに変えたのです。
日本は「再販制度」があり、雑誌・書籍は日本中で同じ価格ですが、これは
世界ではむしろ「例外」で、ほとんどの国は地域格差のある高級品。しかも
これほどバラエティに富む出版は出来ていません。
駅前の小さな本屋がどんどん廃業する時代。
だからこそ、小さな子どもが自分で「これ欲しい!」と絵本を抱えることが
出来る環境は何とか守りたい。
一業界人として、背筋が伸びる気持ちになった本でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5)本書の目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1 それはヴェネツィアの古書店から始まった
2 海の神、山の神
3 ここはいったいどこなのだ
4 石の声
5 貧しさのおかげ
6 行け、我が想いへ
7 中世は輝いていたのか!
8 ゆっくり急げ
9 夏のない年
10 ナポレオンと密売人
11 新世界に旧世界を伝えて
12 ヴェネツィアの行商人たち
13 五人組が時代を開く
14 町と本と露店商賞と
15 ページに挟まれた物語
16 窓の向こうに
あとがき 本が生まれた村

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

モンテレッジオ 小さな村の旅する本屋の物語
方丈社 (2018/4/6) 292ページ
内田 洋子
https://www.amazon.co.jp/dp/4908925291/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

  1. 未来の年表2 講談社新書

    未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること

  2. まんがで身につく 孫子の兵法

  3. 未来の年表 講談社新書

    未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

  4. 世界遺産にされて富士山は泣いている

  5. 本能寺の変 431年目の真実

  6. 日本の歴史をよみなおす

おすすめ記事

  1. やさしい行動経済学
  2. 仕事ができる人の最高の時間術
  3. 捨てられる銀行2 非産運用
  4. 「残業ゼロ」の仕事力
  5. 会社に頼らないで一生働き続ける技術

献本について

記事

  1. ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則
  2. モンテレッジオ 小さな村の旅する本屋の物語
  3. 平均思考は捨てなさい~出る杭を伸ばす個の科学
  4. 予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」
  5. 聖の青春
  6. トヨタの強さの秘密 日本人の知らない日本最大のグローバル企業
  7. スマート工場のしくみ IoT、AI、RPAで変わるモノづくり
  8. 決断力
  9. 仕事を高速化する「時間割」の作り方
  10. 未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること
ページ上部へ戻る