閉じる
  1. 仕事ができる人の最高の時間術
  2. 雑誌掲載
  3. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  4. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  5. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  6. 「残業ゼロ」の仕事力
  7. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  8. 捨てられる銀行2 非産運用
閉じる
閉じる
  1. キラーストレス 心と体をどう守るか
  2. もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか
  3. 仕事ができる人の最高の時間術
  4. 外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術
  5. バカ論
  6. インダストリー4.0時代を生き残る! 中小企業のためのIoTとAIの教…
  7. 日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術
  8. まんがでわかる 地頭力を鍛える
  9. シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件
  10. 脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

仕事ができる人の最高の時間術

こんにちは。本シェルジュの野口栄美です。

昨日、我が家にスマートスピーカーが来ました。

話しかけると色々なことを答えてくれて、便利です。料理を作りながらでも
知りたい情報が入ってくるので、一々手を止めなくていいので、時間の節約にもなります。
話し掛け過ぎ、遊び過ぎると、逆効果かもしれませんが。笑

毎日楽しそうに生きている人、仕事がうまく行っている人、結果を出している人、
そういう方々は、そうじゃない方と何が違うのでしょうか。

その違いは、「時間の使い方」のようです。

「限られた時間の中で、最高の結果を出す方法」を、小手先の時短テクニックではなく、
著者の非常に類まれなる経験を基に、原理原則からしっかりと納得がいくよう
伝えてくれている1冊をご紹介いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1)本日紹介する書籍
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
仕事ができる人の最高の時間術
明日香出版社 (2017/12/8) 230ページ
田路 カズヤ(著)
http://www.asuka-g.co.jp/book/business/008813.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2)本書を選んだ理由    どんな人が読むべき?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎日忙しい忙しいと言っている人、こうなりたいと漠然と思っていても行動になかなか移せず、
毎日を受身で過ごしている人。私も含め、沢山いらっしゃると思います。

限られた時間の中で最高のパフォーマンスをあげ、目標を達成するためには
まずは「意識」を変えることが重要なようです。

それが難しいんでしょ!っと思われる方がほとんんどだと思います。

本書は、さらっと読めばすぐに読み終えますが、本文中のワークシートを納得の上
きっちりやれば、たくさんの研修を受けるのと同じ効果があるかもしれません。

限られた時間を無駄に消費せず、本当に重要なことに集中して「投資」したいと
思っている方、部下の育成に悩んでいるマネージャーの方々、ROT(時間生産性)を
上げたいと思っている方々等、沢山の方に読んでいただきたい1冊です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3)付箋 ~本書からの内容抽出です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■P.16
つまり、人生や仕事を成功させるためには、まずは「意識」を変えれば良いと
言っているわけです。私もこの考え方に、何の異論もありません。

■P.17
「意識」を変えるために最も重要なことは、自分の本能に眠っている
「パッション(情熱)」や「ミッション(使命感)」を自覚することです。

■P.44
「パッション」「ミッション」「ビジョン」を潜在意識にまで埋め込むことで、必要な
「アクション(行動)」を選択し、継続実践することができるようになるのです。

■P.62
考え抜いた「戦略」「戦術」を「行動」に移し、狙った通りの結果を生み出すと
いう「狙って落とす」成功体験を積み上げることは、とても大切なプロセスです。

■P.69
目の前のことを一生懸命やるのはアタリマエです。戦略な「スケジュールの組み方」が
結果に大きな違いを生むのです。

■P.105
人は、自分と向き合えて始めて、前に進む本当の強さを持つことができるのです。

■P.210
つまり、「信頼性」を磨くことこそが、究極の『仕事ができる人の最高の時間術』と言えます。

■P.215
ナンバーワンになる難易度は非常に高いですが、オンリーワンとしての「希少性」であれば、
誰にでも実現可能です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4)今日の気づき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自分の「現在の人生時給」、「理想の人生自給」を考えるのと考えないのとでは、
大きな差ができそうです。

今まではあまり、「ROT(時間生産性)」を意識してなかったように思います。
「パッション」「ミッション」「ビジョン」もぼんやりしていたかもしれません。

これらを意識して高めていき、しっかり自分の言葉にできるところまで考えていくと、
自分の時間価値が高まり、毎日今まで以上に楽しく、いきいきと過ごしていけるかもしれません。

そして、周りの人への感謝を忘れず、信頼してもらえる人間になるよう生きていきたいですね。

まずはワークシートをダウンロードして、一つずつ意識を変えていきます!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5)本書の目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
はじめに

第1章 時間に対する意識を変える
ステップ① 「寿命時間」を計算する
ステップ② 「人生時給」を設定する
ステップ③ 「パッション」を言語化するステップ④ 「ミッション」を言語化する
ステップ⑤ 「ビジョン」を言語化する
ステップ⑥ 「主体的な仕事の目標」に変換する

第2章 仕事ができる人の「年間スケジュールの組み方」
ルール① 目標は高く、達成期日は前倒しで設定する
ルール② 「戦略」と「戦術」を考え抜く時間を確保する
ルール③ 8割の成果を生み出す2割の時間を確保する
ルール④ 1年間の予定を逆算して組む
ルール⑤ 定例業務・恒例行事のスケジュールを確保する
ルール⑥ 心技体を磨く時間を確保する

第3章 効率が良くなる「1日のスケジュールの組み方」
ルール① アポ設定は自分が主導権を握る
ルール② 7時間睡眠を確保する
ルール③ 出社・退社時間を決める
ルール④ すべての予定を45分単位で管理する
ルール⑤ 3つの時間割で管理する
ルール⑥ ランチタイムを戦略的に活用する
ルール⑦ 1日15分間の内省の時間を設ける

第4章 忙しいから解放される「時間の使い方」
ステップ① 何に時間を使っているか分析する
ステップ② 優先順位を見直す
コラム  タスク管理における「優先順位を見直す」
ステップ③ ムダなタスクをやめる(決断する)
コラム  「探しもの」をする時間をなくす
ステップ④ タスクを仕組み化する
ステップ⑤ 他の人に任せる
ステップ⑥ 「他の人」の「他のタスク」とコラボする
ステップ⑦ 一石二鳥を狙う
ステップ⑧ マイルールをつくる
コラム  メール管理を「ルール化する」
ステップ⑨ ルーティン化して早く確実に行う
ステップ⑩ タスクの時間を短縮する
コラム  会議を短縮する

第5章 時間の投資先を決める
ステップ① 「目的」「目標」「戦略」「戦術」の違いを理解する
ステップ② 「目標達成シナリオ」を描く
ステップ③ 8つの「戦略」を描く
ステップ④ 64の「戦術」を描き、10に絞る
ステップ⑤ 周囲に公言する
ステップ⑥  PDSAサイクルを最速で回す

第6章 「信頼性」を磨くことこそが究極の時間術
コラム  信頼される「質問力」

おわりに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

仕事ができる人の最高の時間術
明日香出版社 (2017/12/8) 230ページ
田路 カズヤ(著)
http://www.asuka-g.co.jp/book/business/008813.html

関連記事

  1. 発想をカタチにする技術

  2. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか

  3. 夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え

  4. 雑談力が上がる話し方‐30秒でうちとける会話のルール

  5. 独裁力 ビジネスパーソンのための権力学入門

  6. Vol.3ビジネスマンのための「読書力」養成講座

おすすめ記事

  1. 仕事ができる人の最高の時間術
  2. 捨てられる銀行2 非産運用
  3. 「残業ゼロ」の仕事力
  4. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  5. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史

献本について

記事

  1. キラーストレス 心と体をどう守るか
  2. もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか
  3. 仕事ができる人の最高の時間術
  4. 外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術
  5. バカ論
  6. インダストリー4.0時代を生き残る! 中小企業のためのIoTとAIの教科書
  7. 日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術
  8. まんがでわかる 地頭力を鍛える
  9. シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件
  10. 脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める
ページ上部へ戻る