menu
閉じる
  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  3. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  4. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  5. 雑誌掲載
  6. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  7. 「残業ゼロ」の仕事力
閉じる
閉じる
  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

勝手に伊坂幸太郎ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村上です。
単に、私が好きな伊坂幸太郎作品のランキングです。
1位:アヒルと鴨のコインロッカー
2位:死神の精度
3位:終末のフール
4位:砂漠
5位:ゴールデンスランバー
6位:オーデュボンの祈り
7位:ラッシュライフ
8位:陽気なギャングが地球を回す
 陽気なギャングの日常と襲撃
9位:チルドレン
10位:グラスホッパー
11位:フィッシュストーリー
12位:魔王
13位:重力ピエロ
●アヒルと鴨のコインロッカー
やられました。伊坂さんの他の作品では、かっこつけすぎで、心に響かないことがおおかったですが、これはかっこええ。さらにだまされました。
あとがきに書いてましたが、春樹の”パン屋襲撃”と同じにおい。なぜ襲撃するのか理由がわからない。最初は全然わからない。最後にはわかるんだけどね。
アヒルと 鴨   の コインロッカー
部屋 と Yシャツ と 私 みたいだ。
目的語+目的語+主語だけど。
アヒルと 鴨   の コインロッカー
主語 と 主語  と 目的語
 この違いは大きい!
二つの主語が 最後は一緒にコインロッカーに存在したのだと思う。
残念なのは帯!
「一緒に本屋を襲わないか?」 「神様をとじこめてみないか?」
 この重要なせりふを先に書いちゃあいかんだろ。まあそのせいで買ったのかもしれんが。
どちらにしても淡々と衝撃をあたえてくれる。この本は読んで損はないと思う。

●死神の精度

 仕事をするのはいつも雨。
 音楽を聴くのが好きな死神。
  複数の話が別個かと思えば、最後につながったり。
   眩しいのとウレシイの・・・
 
 雰囲気では、この本が一番好きかも。 退廃なやさしさ。
●終末のフール

 終りが来るとき、そこで人間の器量がきまる?
 まあ、終末を迎えるとき、ヒトは自暴自棄になり、そして悟るのかな。
  一緒にいたいって。
●砂漠

 しかし、これは素敵だ。 このグダグダ感。
  あったあったという大学生活、いたいたという大学同期。
 しかしその中で、些細な事件が、重大な展開をもたらす。
 ストーリーは確かになんてないかもしれない。でも魅力的な登場人物の色どりが鮮やかすぎる。
 相変わらずの”僕”は、影の薄い、影が薄い主人公って、自分をどんどん投影できちゃいますね。
   春樹風な感じではありますが・・・
 作品としては大したことないかもしれないと思いながらも、
 伊坂っぽい作品なんだろう。いつのまにかのテンポアップ!
 なんてことない作品だ。でもなぜか心にしみます。
  この社会は、砂漠か・・・
   確かに乾燥して、カサカサですな。オアシス探さなければ!
●ゴールデンスランバー

 お前、オズワルドにされるぞ!
●オーデュボンの祈り
基本的にわかりにくそうでわかりやすい小説だろう。ファンタジーでありミステリーであり、歴史物であり?。。
案山子がしゃべる時点でミステリーではないかな。
なんと表現するのがいいかわからなかったけど、あとがきに”シュール”という表現があった。それが一番ぴったりかな。
すごく現実的そうな僕が非現実を生きている。いやホントに生きてるのだろうか。
もう1回読んでみてもいいかなとは思った。
今ね。後ろから読み直してる。その方がぴったりはまってきそう。

●フィッシュストーリー
「権力者に許された言葉を知っているか?」 
「お礼ならその人のお父さんに」
  かっこよくて、笑いながら鳥肌が立つキメゼリフ達。 
4編の短編集だが、どれもすばらしい。
 でも、やっぱり表題のが一番かなあ。
  今までに出てきた魅力あるキャラクターがたくさん出てきます。
   黒澤さんとか。
そして最後の「ポテチ」ではしんみり じわっと終わらせてくれる。
 今村さんのお母さんは、全てをわかっての行動??? どうなんだろう。

●陽気なギャングが地球を回す

●陽気なギャングの日常と襲撃

●チルドレン
5つの短編集といいつつ、ひとつの長編になってしまった著者も言ってますが、
陣内さんを中心に、周りの人たちの物語。
時間軸が混在するのは、他にもよくありますが、10年以上の軸で行ったりきたりする。
小説で泣くことはよくあるが、これは笑ってしまった。(ちょっとほろっともした)
家裁の人 みたいな設定だけど、 重い話はなく、明るく、はちゃめちゃ で でも、真剣。
ええ話や。

●グラスホッパー
蝉 鯨 鈴木 の3人のキャラが 押し屋 を追う。
 蝉は  殺し屋
 鯨は  自殺屋
 鈴木は 妻を殺された一般人
押し屋は 気づかれぬよう、線路や、道路に人を押し出し、やっちまう。
設定とキャラが面白くてかっこよさすぎる。
 蝉が蜂の巣になったら面白い。

●ラッシュライフ
ラッシュライフも3回目くらいのチャレンジ。ややこしい話だけに、やはり何回か読むことで、明らかに自身の感受性が高まっていく。
見えなさそうで見えるつながり。みんなどこかでつながっている。世界はきっとそうに違いない。
ほとんどの登場人物の未来は暗い。でも、みんなが、何らかの”光”を見つける
自分にとって、今一番大事なもの、喪いたくないモノはなんだろう。
 
2~3年前のはじめて読んだ時の感想文。
いくつかの物語が時間も場所も交錯させながら、最後につながるってのは、よくあるけど、これはすごい。10人くらいの登場人物のストーリーをすべて絡めながら、さわやかに完結する。
まあ、ちょっと技巧に、こりすぎだが。。
色んなキャラクターはみんな、濃厚であり、悩みも深く、出口もないようだが、
実はみんなあまり悩んでないのではという、あっけなさもある。
泥棒/自殺/名探偵/神?/サッカー選手/新人画家/拳銃/老犬・・・
主人公は老犬かも。
 
●魔王

 もやっとおわる。
●重力ピエロ

 なぜ、この作品が早い段階に映画化されたのか
 あんまり理解出来ない。

関連記事

  1. 何者

    何者

  2. 天地明察

  3. 県庁おもてなし課

  4. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)

  5. 空飛ぶタイヤ

  6. 夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
ページ上部へ戻る