menu
閉じる
  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  3. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  4. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  5. 「残業ゼロ」の仕事力
  6. 雑誌掲載
  7. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
閉じる
閉じる
  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。

本シェルジュの丸山祐哉です。

 

お盆は新しい本を読むのではなく、昔読んだ本を再読する時間にあてました。

再読した中で、「やはり名作だなー」と感じた一冊を本日は紹介します。

 

笑えて・感動できて・勉強になる、そんな素敵な一冊です。

肩肘張らず、夜眠る前等に少しずつ読んでみてはいかがでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1)本日紹介する書籍

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え」

飛鳥新社 (2014/12/20) 436ページ

水野 敬也 (著)

AmazonURL:http://www.amazon.co.jp/dp/4864103909

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2)本書を選んだ理由    どんな人が読むべき?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

初回作「夢をかなえるゾウ」は日経MJの「2008年上半期 ヒット商品番付」にランクインしたため、ご存知の方も多いと思います。

私もそのときに「夢をかなえるゾウ」を知り、購読しました。

しかし、その次に出版された「夢をかなえるゾウ2  ガネーシャと貧乏神」が個人的にはあまりヒットしませんでした。。。(初回作の「日々課題が出る形式」を継続してほしかった。)

そして三作目、本日紹介する「夢をかなえるゾウ3  ブラックガネーシャの教え」は見事に初回作の良さを引き継ぎつつ、パワーアップしてくれました。

本書の特徴はなんといっても笑えること。

普段ビジネス書籍を読み続けている方に、たまには笑いながら自分の夢について考える時間を持って欲しいなと考えて、本日はこの本を選びました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3)付箋 ~本書からの内容抽出です

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「自分がなんとなく見てるテレビ番組、なんとなくやってるゲーム、ほんまに欲しいもんなんか?もし、そうやないんやとしたら、自分が本当に欲しいと思てるもんは一生手に入れられへんで。

部屋の大きさが限られてるみたいに──自分が持てるもんも、生きてる時間も、全部限られてるんやからな」

 

頑張るのがしんどなったらな、欲しいもん手に入れた状態をリアルに想像してみい。そしたら、どないしんどいことでも乗り越えられる力が湧いてくるからな

 

物事をマスターするのに一番大事なんは『本音の欲求』や。

何のためにそれをするのか、そのことがはっきりしとらんとどんな分野もマスターできへん。

せやから自分の欲求が見つかってへんときは、まずそれを見つけなあかん。

 

本音では、ただ資格試験に落ちるのが怖いだけやのに、その怖さから逃げるために『筋の通った話』を作ってたとしたら、それ一番危ないことやで。

そうやって逃げたい気持ちを正当化する癖ついてまうと、その人は絶対に成功できへん。成功するために本当にやらなあかんことも、言い訳つけて逃げる習慣ができてまうからな。

「成功するために一番大事なことは──『小さな勇気』やねん」

 

楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ

 

この世界はな、自分がどこまで『知る』かを、自分で決められるようにできてんねん。

自分はこの先の世界をもっと知りたいんか、それともここで止めるんか。それを決めることができるんは──自分だけや」

「自分らは努力を始めるとき、『我慢』から入るやろ。痩せるためには食べたい気持ちを我慢せなあかんとか、

勉強するときには、遊びに行きたいのを我慢せなあかんとか……でもな、自分の行動をコントロールするために必要なんは、楽しいことを我慢するんやのうて『もっと楽しいことを想像すること』やねん」

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4)今日の気づき

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人間は楽しいと感じることしかできないため、努力をしようと考えるのではなく、その行為自体を純粋に楽しめるように考え方を変化させていくことが重要。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5)本書の目次

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本書は小説のため目次はありません。

–飛鳥新社HPの「内容紹介」–

人生くだりのエスカレーターに乗りかかった、夢をあきらめきれないOLのもとに、

自称成功請負人のヘンな神様・ガネーシャが現れた!

しかも今回は「ブラック」仕様。カーネルサンダースくんを白髪にし、ムンクくんを

叫ばすほどにスパイシーな、ブラックガネーシャ流成功法とは?

釈迦や貧乏神などおなじみのキャラに加え、今回はガネーシャのライバル登場!?

アカン、ワシ史上最大のピンチや…。

笑って、泣いて、タメになる、究極の自己改革エンタテインメント小説!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え」

飛鳥新社 (2014/12/20) 436ページ

水野 敬也 (著)

AmazonURL:http://www.amazon.co.jp/dp/4864103909

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

関連記事

  1. 「意識高い系」という病~ソーシャル時代にはびこるバカヤロー

  2. 未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

  3. ビブリア古書堂の事件手帖

  4. 「猪木語録 元気ですか!一日一叫び!」

  5. 留学しないで英語の頭をつくる方法

  6. 紙つなげ!彼らが紙の本を造っている

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
ページ上部へ戻る