閉じる
  1. 「残業ゼロ」の仕事力
  2. 捨てられる銀行2 非産運用
  3. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  4. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  5. やさしい行動経済学
  6. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  7. 仕事ができる人の最高の時間術
  8. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  9. 雑誌掲載
閉じる
閉じる
  1. 未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること
  2. 10年後の仕事図鑑
  3. 自分をバージョンアップする「外食の教科書」
  4. 1日10秒マインドフルネス
  5. AIに振り回される社長 したたかに使う社長
  6. 働く君に贈る25の言葉
  7. ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
  8. 教養としてのテクノロジー AI、仮想通貨、ブロックチェーン
  9. RPA革命の衝撃
  10. 新版 ひとり社長の経理の基本
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

無印良品のPDCA 一冊の手帳で常勝経営を仕組み化する!

こんにちは。本シェルジュの岡田です。
今日ご紹介する本は「無印良品のPDCA」。
「PDCAを回す」という言葉は仕事でよく耳にしますが、いざPDCAを回そうと思うとうまくいかなかったり、成果を出すまでたどり着けなかったり。。。難しいですよね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1)本日紹介する書籍               
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無印良品のPDCA 一冊の手帳で常勝経営を仕組み化する!
毎日新聞出版(2017/11/30) 211ページ
松井 忠三 (著)
http://mainichibooks.com/books/business/pdca.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2)本書を選んだ理由    どんな人が読むべき? 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本書は、良品計画前会長の著者が、手帳を使ったPDCAの回し方についてまとめたものです。タイトルの通り、最初は手帳の使い方について書かれていますが、後半は無印良品の商品開発やコスト改善、組織風土を変えるときにPDCAをどのように回して成果を出したのかについて書かれているので、どんなお仕事の方にも役立つ本だと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 3)付箋 ~本書からの内容抽出(引用)です 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2章 変革のためのDCAP
~変革は「D」から始めなさい~(P62)
PDCAは、「plan」、つまり計画から始めるのが一般的ですが、私が社長になったときは、会社の危機ともいえる状況。悠長に計画を立てる余裕などはありませんでした。とにかく、立て直すためにできることからやる。実行(Do)、あるのみです。(中略) PDCAだからといって、律義に「P」から始める必要はなく、危機的な状況のときは、まずやれることをやる、つまり「D」から始めて、D→C→A→P→D→Cと、PDCAを回せばいいというのが私の考えです。

■3章 勝ち続ける仕組みはCAがつくる
~コスト構造の改革も「C」「A」がカギ~(P126)
構造改革は、毎週会議を行い、実行の進捗を毎週、毎週、追いかけ続けるのがコツです。2週間に一度、3週間に一度だと、どうしても実行が先延ばしになり、その結果、成果が出ず、いつの間にか尻切れトンボになってしまうからです。

■4章 風土を変えるDDDD
~人材育成もPDCA~(P161)
人材育成についてもPDCAを回す仕組みをつくりました。たとえば、30人の部下がいる部長なら、この30人の部下を半年間で、どのように育てるかという計画書を出してもらいます(P)。 (中略) 計画から2か月で中間報告を行い、進捗の確認をします。大体は計画通りにはいきませんから、早めにズレを調整します。目標や、やり方を変えることもあります。(中略)そして、期末までにもう1回PDCAを回し、評価します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 4)今日の気づき                       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本書を読んで、とにかく徹底してやること、8割や9割の達成率で満足していてはダメで100%を目指すことが大切だと思いました。
また、PDCAを定着させるためには、社員のやったことを評価する仕組みやトップの決断力、常に改善し続けることも必要ですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 5)本書の目次                        
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
序章 アナログ手帳とPDCAの切れない関係
1章 手帳は経営のための「思考基地」
2章 変革のためのDCAP
3章 勝ち続ける仕組みはCAがつくる
4章 風土を変えるDDDD
5章 スパイラル型のPDCAで成長を促進する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無印良品のPDCA 一冊の手帳で常勝経営を仕組み化する!
毎日新聞出版(2017/11/30) 211ページ
松井 忠三 (著)
http://mainichibooks.com/books/business/pdca.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

  1. コクヨの3ステップ会議術

  2. 選ばれる理由 どうしても売上と利益が増えてしまう心理マーケティン…

  3. いい会社ってどんな会社ですか?

  4. スノーピーク「好きなことだけ!」を仕事にする経営

    スノーピーク 「好きなことだけ!」を仕事にする経営

  5. 【本シェルジュ】「好き嫌い」と経営

  6. 昭和16年夏の敗戦

おすすめ記事

  1. やさしい行動経済学
  2. 仕事ができる人の最高の時間術
  3. 捨てられる銀行2 非産運用
  4. 「残業ゼロ」の仕事力
  5. 会社に頼らないで一生働き続ける技術

献本について

記事

  1. 未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること
  2. 10年後の仕事図鑑
  3. 自分をバージョンアップする「外食の教科書」
  4. 1日10秒マインドフルネス
  5. AIに振り回される社長 したたかに使う社長
  6. 働く君に贈る25の言葉
  7. ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
  8. 教養としてのテクノロジー AI、仮想通貨、ブロックチェーン
  9. RPA革命の衝撃
  10. 新版 ひとり社長の経理の基本
ページ上部へ戻る