閉じる
  1. 仕事ができる人の最高の時間術
  2. 雑誌掲載
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  7. 「残業ゼロ」の仕事力
  8. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
閉じる
閉じる
  1. 仕事ができる人の最高の時間術
  2. 外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術
  3. バカ論
  4. インダストリー4.0時代を生き残る! 中小企業のためのIoTとAIの教…
  5. 日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術
  6. まんがでわかる 地頭力を鍛える
  7. シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件
  8. 脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める
  9. 多動力
  10. 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

伝え方が9割

皆さんこんにちは。本シェルジュ・イレギュラーズの吉田です。
都内では、桜も散り、新社会人や転職、職場の異動で新たなスタートした人も、いよいよ
これから本格的に仕事始めるか!という時期ではないでしょうか?
ビジネスの場に限らずですが、人間は言葉で意思を伝えます。無論、ビジネスの場におい
ても、最も重要な伝達ツールの一つは言葉です。でも、その言葉で伝えることは意外と難
しいと思わされる事も、ビジネスの場では、結構多いものです。と、思った方にこんな一
冊はいかがでしょうか?

<目次>
1)今日のオススメの一冊
2)付箋
3)今日の気づき
4)本書の目次

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)今日のオススメの一冊                   〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
伝え方が9割
ダイヤモンド社(2013/2/28)
佐々木 圭一 著
212ページ
Amazon URL
http://www.amazon.co.jp/ dp/4478017212/

今回の登場人物紹介
◆黄色のシャツでおなじみ    のびたくん(の)
 アイドル的存在        しずかちゃん(し)
-----------------------------
の:しずかちゃん好きだよぉ!!
し:なによ、急に、ムードも何もないのね。のびたくんは。
の:いやーーやっぱり、想いはストレートにて言うし・・・。
し:のびたくんは、ホント、乙女心が全くわかってないのね。
  ちょっと、この本でも読んで勉強したら??
の:へーなになに。あれっ?これ、僕の告白はダメな例のまんまじゃないか。
し:そうよ、少しは、頭使ってよ。
の:ふむふむ。あれっ?ここまでしずかちゃん、僕のこと気を使うってことは脈ありな
んじゃない?
し:何言ってるの、頭使えない人はイヤ!できすぎくんみたいな人がタイプなんの。
の:ひえぅ・・がっくし。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋              〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
■P39
思わず人は、目に見える資格ばかりを磨きたがりますが、私からすれば、それは10%で
しかありません。のこりの90%は、あなた自身を魅力的に伝えられる、伝え方やコトバ
です。それは、見せかけることとは違います。伝え方やコトバの技術を持っている人は、
働いても成果を出せるのです。

■P91
ステップ1 自分の頭の中をそのままコトバにしない
ステップ2 相手の頭の中を想像する
ステップ3 相手のメリットと一致するお願いをつくる
このステップに従ってコトバをつくってみましょう。

■P135
人々を熱狂させたオバ氏の大統領就任のコトバ。彼がもともと言いたかったことは、何で
しょう?  これは、あなたの勝利だ  そう言いたいのです。選挙を戦ってきた人への
賞賛です。でも彼は、あえて「あなた」の反対側である「私」というコトバをその前に使
ってギャップを作りだしたのです。  これは、私の勝利ではない。あなたの勝利だ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき                       〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自分自身仕事の場において、「もっとこう言えばよかった」とか「んーいまいち伝わらな
い」という場面に遭遇することが多くあります。ビジネスは、相手との交渉であり(私生
活もそうでしょうが)、二度と来ないその一瞬に、ベストな伝え方ができればという思い
に応えてくれる一冊だと思います。読みやすい本でなおかつ、すぐに実践できる形式にな
っています。春だから、何か変わりたいという人にもお勧めです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 4)本書の目次                        〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【目次】
はじめに 伝え方にはシンプルな技術がある
第1章 伝え方にも技術があった!
──なぜ同じ内容なのに、伝え方で「イエス」「ノー」が変わるのか?

●確率0%を、アリに変える!
●大切だとわかっているのに、誰も鍛えていない「伝え方」

●伝えることが苦手だった私

●「伝え方に技術がある!」と気づいたできごと

●いちど知れば、伝え方は一生あなたの武器になる

●どんな資格より、まず伝え方を学べ

●個人発信力が求められている時代

●コトバの一般常識にサヨナラ

●ほとんどすべての人が自己流。つまり学べば突出できる

●第1章まとめ
第2章 「ノー」を「イエス」に変える技術
──あなたがこれからする頼みごとに「イエス!」をもらう具体的な技術

●コトバは「思いつく」のではなく「つくる」ことができる

●結果を変える「お願い」コトバのつくり方

●「イエス」に変える3つのステップ

●はじめは丁寧に、レシピ通りに

●「イエス」に変える「7つの切り口」

●「お願い」は相手との共作だ

●この瞬間から、技術を使ってみる

●コトバの力だけで突破する

●「ノー」を「イエス」に変える技術を毎日に

 コラム  ふせんマジックを使う!

●第2章まとめ
第3章 「強いコトバ」をつくる技術

●誰にでも、強いコトバはつくれる

●世の中の情報量は、10年で約530倍になった

●同じ内容なのに強いコトバと弱いコトバがある

●「強いコトバ」とは?

●コトバエネルギーをどう生むか

●「強いコトバ」をつくる5つの技術

●5つの方法を駆使すれば、無限にコトバはできる

●人間の本能に基づいたコトバはグローバルだ

●10分で「強い長文」をつくる技術
 コラム  時間にゆとりのある方には、長文全体を強く!

●メールは感情30%増量でちょうどいい

●人を動かすのは、ルールではない。感動だ

●第3章まとめ
おわりに   あなたの宝の地図を見つけよう

関連記事

  1. 「できません」と云うな―オムロン創業者 立石一真

  2. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術

  3. チームのことだけ、考えた。

  4. 『素人の顧客の意見は聞くな』 永江一石のITマーケティング日記

  5. 心配事の9割は起こらない

  6. 入門 考える技術・書く技術

おすすめ記事

  1. 仕事ができる人の最高の時間術
  2. 捨てられる銀行2 非産運用
  3. 「残業ゼロ」の仕事力
  4. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  5. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史

献本について

記事

  1. 仕事ができる人の最高の時間術
  2. 外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術
  3. バカ論
  4. インダストリー4.0時代を生き残る! 中小企業のためのIoTとAIの教科書
  5. 日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術
  6. まんがでわかる 地頭力を鍛える
  7. シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件
  8. 脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める
  9. 多動力
  10. 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
ページ上部へ戻る