閉じる
  1. 「残業ゼロ」の仕事力
  2. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  3. 捨てられる銀行2 非産運用
  4. 仕事ができる人の最高の時間術
  5. 雑誌掲載
  6. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  7. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  8. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
閉じる
閉じる
  1. キラーストレス 心と体をどう守るか
  2. もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか
  3. 仕事ができる人の最高の時間術
  4. 外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術
  5. バカ論
  6. インダストリー4.0時代を生き残る! 中小企業のためのIoTとAIの教…
  7. 日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術
  8. まんがでわかる 地頭力を鍛える
  9. シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件
  10. 脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

遠まわりする雛 (氷菓シリーズ)

私気になります。の氷菓シリーズ。
原作はもちろん、ずっと大好きで読んでいますが、風邪引いて寝込んだついで、アニメをどーんと見てしまいました。
hyo

基本的には、後からアニメ化とか漫画化とかすきじゃないです。本のほうがイメージが膨らみますもんね。アニメを始めてみて、千反田えるはちょっと最初はイメージに合いませんでした。こんなに考え方が幼い感じだったろうか・・やはりアニメのほうがデフォルメ化するのは仕方ないところですね。

しかし、続けてみているうちに、すっかりハマってしまい、最終回遠回りする雛まで一気に見てしまいました。そうすると、今度は、改めて小説を読み返してしまうという無限ループに突入中です。

省エネをモットーとする折木奉太郎は“古典部”部員・千反田えるの頼みで、地元の祭事「生き雛まつり」へ参加する。十二単をまとった「生き雛」が町を練り歩くという祭りだが、連絡の手違いで開催が危ぶまれる事態に。千反田の機転で祭事は無事に執り行われたが、その「手違い」が気になる彼女は奉太郎とともに真相を推理する―。あざやかな謎と春に揺れる心がまぶしい表題作ほか“古典部”を過ぎゆく1年を描いた全7編。

どれも好きなんですが、アニメでも最終回に配置されたように、遠まわりする雛はステキですね。

生き雛はなぜ遠回りせざるを得なかったのか。理由は明確には明かされませんが、ほんと些細な理由で、遠回りしたわけです。遠回りすることで前を通ることになった狂い桜の情景が美しすぎる。
遠回りもたまにはいいよね・・っ的なEndingかとおもいきや、ホータロウの息苦しさが伝わってくる。どうして、省エネで行きたいのに、エネルギーが漏れ始めている。その原因を排除したほうがいいのか、このままにしたほうがいいのか、自分でもわからない。
妄想の中でエルに言ってしまった言葉を現実に伝える日も来るのかな。
こうして人は成長していくのか、と改めて思い知らされる展開です。

関連記事

  1. 辻村深月シリーズ

  2. 小説紹介コーナー(七竈)

  3. Vol77:「雨の名前」と「死神の精度」

  4. Vol.97 小説 三井高利

  5. かのこちゃんとマドレーヌ夫人

  6. Vol14.手紙

おすすめ記事

  1. 仕事ができる人の最高の時間術
  2. 捨てられる銀行2 非産運用
  3. 「残業ゼロ」の仕事力
  4. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  5. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史

献本について

記事

  1. キラーストレス 心と体をどう守るか
  2. もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか
  3. 仕事ができる人の最高の時間術
  4. 外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術
  5. バカ論
  6. インダストリー4.0時代を生き残る! 中小企業のためのIoTとAIの教科書
  7. 日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術
  8. まんがでわかる 地頭力を鍛える
  9. シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件
  10. 脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める
ページ上部へ戻る