閉じる
  1. やさしい行動経済学
  2. 仕事ができる人の最高の時間術
  3. 「残業ゼロ」の仕事力
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 雑誌掲載
  6. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  7. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  8. 捨てられる銀行2 非産運用
  9. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
閉じる
閉じる
  1. AIに振り回される社長 したたかに使う社長
  2. 働く君に贈る25の言葉
  3. ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
  4. 教養としてのテクノロジー AI、仮想通貨、ブロックチェーン
  5. RPA革命の衝撃
  6. 新版 ひとり社長の経理の基本
  7. 自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考…
  8. 「言葉にできる」は武器になる。
  9. いい会社ってどんな会社ですか?
  10. 21世紀を生き抜く3+1の力
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

本能寺の変 431年目の真実

日本最大のクーデター!?
本能寺の変

明智光秀がなぜ、織田信長を裏切ったのか、わかったようなわからなかったような。

私が、一番最初に記憶しているのは、なにかの漫画でしたが、
光秀が、家康を饗応するための役を任されたのに、
暑さで肴がくさってしまい、信長に「臭い!」と
足蹴にされた光秀のイメージでした。

その時には、そんな屈辱を受けたら謀反も起こすだろうと思ったと思います(小学生の頃ね)

しかし、すべての武将が生き残りをかけた戦国時代。
そんなことくらいでキレテたら、とても武将は務まらないでしょう。

他に理由がある。。。そんな感はプンプンでした。

そんなとき、5年ほど前だったか、「信長の棺」を読みました。
これは、小説ですが、真実に違いない・・・

本能寺の変は、「あの男A」が黒幕に違いない!と思ってしまったものです。

そして、今回、明智さんが書かれた、「本能寺の変 431年目の真実」

この本では、「あの男B」が鍵を握ります。
なるほど、可能性ありですね。

歴史とは、ほぼ常に、勝者のものです。
勝った方の残した事実にそって書物が作られる。

そのため、負けてしまった明智は歴史を語れない。
わずかに残された周辺の証跡をあらって、つなぐと
このようなストーリーを構築することも可能なのかなと思います。

中身を言ってしまうと、ミステリー感がなくなってしまいますので、
ここでは、ネタバレはせず・・・ということで。

「あの男B」を妄想してください。

ーーー
ただ
全般的に、新しい視点で、ミステリーチックで面白いのですが、
ちょっと、「これが真実だ!」と断言するには無理のあるシーンが多すぎると思います。

こんな視点もあるよ!くらいの感じでよめばいい本ですね。

関連記事

  1. 中東から世界が見える イラク戦争から「アラブの春」へ

  2. バブルと生きた男―ある日銀マンの記録―

  3. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史…

  4. テレビではいまだに言えない 昭和・明治の「真実」

  5. まんがで身につく 孫子の兵法

  6. 東芝解体 電機メーカーが消える日

おすすめ記事

  1. やさしい行動経済学
  2. 仕事ができる人の最高の時間術
  3. 捨てられる銀行2 非産運用
  4. 「残業ゼロ」の仕事力
  5. 会社に頼らないで一生働き続ける技術

献本について

記事

  1. AIに振り回される社長 したたかに使う社長
  2. 働く君に贈る25の言葉
  3. ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
  4. 教養としてのテクノロジー AI、仮想通貨、ブロックチェーン
  5. RPA革命の衝撃
  6. 新版 ひとり社長の経理の基本
  7. 自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方
  8. 「言葉にできる」は武器になる。
  9. いい会社ってどんな会社ですか?
  10. 21世紀を生き抜く3+1の力
ページ上部へ戻る