menu
閉じる
  1. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  2. 捨てられる銀行2 非産運用
  3. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  4. 「残業ゼロ」の仕事力
  5. 雑誌掲載
  6. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  7. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
閉じる
閉じる
  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

Vol.3ビジネスマンのための「読書力」養成講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本シェルジュがオススメする今日の一冊】
「ビジネスマンのための「読書力」養成講座」 小宮一慶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■本シェルジュがオススメする今日の一冊■□ Vol.0003 2010.9.6
~本シェルジュ達から、頑張るビジネスパーソンへの贈り物~
本シェルジュ=本のコンシェルジュのことです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!本シェルジュ松本圭介です。
突然ですが、本の読み方を意識したことはありますか?
例えば、小説を読むときには、最初から最後までさっと読みきってしまいますよね?
でも、ビジネス書や難しそうな専門書だったらいかがでしょうか?読み終わった後に「う~ん・・・」となったことはありませんか?
今回、紹介する本はそういった無意識のうちに行ってきた本の読み方の違いを5つの読書法によって、意識的に区分し、私たちの読書の品質を高めてくれる一冊なんです。
<目次>
  1)今日のオススメの一冊
 2)付箋
 3)気づき
 4)本書の目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)オススメの一冊                   〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次郎: だんな、聞いてください!
太郎: どうしたんだい?
次郎: 最近、うちのかあちゃんに「アンタは何も知らないんだねえ。これだから、いつまでたっても偉くなれないんだよ。本のひとつでも読んでみたらどうだい。」と言われまして・・・
太郎: ほう。お前のかあちゃんもいいこと言うねえ。
次郎: それで、とにかく沢山読もうとあれこれ読んでみたんですがね、、困ったことになりまして・・・
太郎: なんだい?もう飽きちゃったのかい?
次郎:  いえ、本を読むのは意外に面白いってことがわかったんですがね、読み終わった後に何も覚えちゃいないんです。もう、自分の頭の悪さにホトホト愛想が尽きまして・・・
太郎: そりゃまた深刻な話だねえ。ところで、お前、本をどうやって読んでるんだい?
次郎: どうやってって?座ったり、寝転んだりして読んでますが・・・
太郎: 座ったり、寝転んだりね・・・って、そんなこと聞いちゃいねえんだよ!本を読むときにどんなことに注意しているのかってことを聞いてるんだよ。
次郎: 注意って、別に何もありませんよ。最初から順番に読んでるだけですよ。
太郎: なるほど。それはお前の読書のやり方が間違ってるんだよ。まずはコイツを読んでみな。
ビジネスマンのための「読書力」養成講座 小宮 一慶著
ディスカヴァー携書(2008/9/15)
http://amzn.to/aH0PV9
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋                            〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■つまり、速読とは、ある意味、最初からある程度決めてかかって読む読書です。得たい情報と、捨てる情報を一瞬で判断して決めながら読む方法です。
■「通読レベル1」のほうは、全体をざっと通しで読んでいって、そこから読書を楽しんだり、ある一定の知識を得るというのを目的とした読書です。
■通読レベル2では、本に線を引いたり、感じたことや思いついたことなどのメモを書き込んだりしながら読むことになります。
■(熟読では)必ずしも、本を頭から最後まで読まなくてもいいから、重要なところや興味のあるところについては、参考文献も用意して、じっくり読む。
■同じ本を繰り返し読むのが重読です。重読の目的は、自分の考え方を高めることです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき                       〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読書と一言でいっても、本によって読み方は様々です。
本の読み方を意識して使い分ければ、もっと沢山のことを本から吸収できるでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 4)本書の目次                        〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビジネスマンのための「読書力」養成講座 小宮 一慶著
ディスカヴァー携書(2008/9/15)
http://amzn.to/aH0PV9
はじめに
第1章
第2章
第3章
第4章
第5章
第6章
第7章
おわりに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】本シェルジュ
【ご意見・ご感想】 100books@googlegroups.com
▼本シェルジュ・ブログ
http://bookconcierge.blog135.fc2.com/
▼メールマガジンの購読はこちらから
http://www.melma.com/backnumber_187330/
▼購読停止・登録メールアドレスの変更はこちらから
http://www.melma.com/backnumber_187330/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

  1. 会社に頼らないで一生働き続ける技術

  2. 一瞬で心をつかむ77の文章テクニック

  3. ビジネスモデルを見える化するピクト図解

  4. グロービスMBAで教えている プレゼンの技術 – 人…

  5. すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な”方法

  6. ピラミッド交渉力 「立体的+多面的思考」で「本物」の交渉力を身に…

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
ページ上部へ戻る