閉じる
  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  3. 仕事ができる人の最高の時間術
  4. 雑誌掲載
  5. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  6. 「残業ゼロ」の仕事力
  7. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  8. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
閉じる
閉じる
  1. 仕事ができる人の最高の時間術
  2. 外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術
  3. バカ論
  4. インダストリー4.0時代を生き残る! 中小企業のためのIoTとAIの教…
  5. 日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術
  6. まんがでわかる 地頭力を鍛える
  7. シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件
  8. 脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める
  9. 多動力
  10. 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

Vol.35 世界一わかりやすい在庫削減の授業

こんにちは!本シェルジュ「けい」こと、松本圭介です。
今年も残すところ、あとわずかになりました。
2010年はいかがでしたでしょうか?
私は長年お世話になった会社を退職し、中小企業診断士として
独立開業した転機の年でした。
2011年はさらに良い年となるように精進していきたいと思います。
そうそう、本シェルジュはメルマの新人賞を受賞しました!
http://melma.com/contents/moy2010/
応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
来年も本シェルジュをよろしくお願いします。
<目次>
  1)今日のオススメの一冊
 2)付箋
 3)気づき
 4)本書の目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)オススメの一冊                   〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(今回の登場人物)
貝杉社長:ヤマヅミ商事の社長
先生:経営コンサルタント
(やりとり)
貝杉社長:あと5000万、いったいどうすればいいのだろうか・・
先生  :貝杉社長、どうしました?
貝杉社長:それが・・銀行から借り入れた資金で新発売の液晶テレビを大量に
     仕入れたのですが、先日の金融危機の影響で大量に売れ残って
     しまって・・・今期の赤字は覚悟していますが、このままでは
     来期も危ないのです。そうなれば融資もストップして、
     我が社はどうなることか・・・
先生  :こういうとき、まず考えるのは「売上を拡大して、利益を確保する」
     ということでしょうか。しかし、売上を拡大するにはどうすれば
     いいでしょう。広告を出す?、価格を下げる?でも、このご時世に
     売上を増やすことは簡単にはいかないでしょう。
貝杉社長:では、どうすればいいのでしょうか。
先生  :リスクやデメリットを最小限に抑えながら、売上の拡大とともに
     「利益の拡大」を実現する方法。それは、「在庫削減」です。
「世界一わかりやすい在庫削減の授業 」 若井 吉樹
サンマーク出版 (2009/8/20)
http://amzn.to/hfG64U
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋                            〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ひと月でどのくらいのコストがかかるか(P32)
■赤札作戦(P38)
■毎月の注文数を科学的に決める(P76)
■セブンイレブンの商品が見せに並ぶまで(P217)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき                       〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
在庫の問題は財務諸表からでも見てとることができますが、
現場を見て危機意識をもつこと、過大な在庫からどれだけの費用が発生している
のかを認識することが大切だと改めて気付かされます。
適正在庫をどのように設定するのか?
本書ではどの家庭にもある身近な日用品を例にとても分かりやすく解説されてお
り、製造業、流通業など在庫と密接に関わる仕事をされている方には
ぜひとも読んでいただきたい一冊です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 4)本書の目次                        〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「世界一わかりやすい在庫削減の授業 」 若井 吉樹
サンマーク出版 (2009/8/20)
http://amzn.to/hfG64U
1限目 くさった在庫は捨てよう
2限目 売れているものと売れていないものを分けよう
3限目 売れる商品には手間をかけよう
4限目 売れ筋以外は手間をかけずにいこう
5限目 トラブルに強い在庫削減の方法
6限目 入荷条件の「当たり前」を見直す
7限目 本当の売れ行きをつかもう
8限目 今までと違った形で在庫を持とう
9限目 身近なコンビニに見る在庫削減

関連記事

  1. 9割の人が使っている 頭が悪い人のビジネスフレーズ58

  2. グロービスMBAで教えている プレゼンの技術 – 人…

  3. ビジネスモデルを見える化するピクト図解

  4. Vol.0067 図解入門業界研究 最新電力・ガス業界の動向とカ…

  5. 町工場の娘~主婦から社長になった2代目の10年戦争~

  6. なぜ、あなたの仕事は終わらないのか―スピードは最強の武器である-…

おすすめ記事

  1. 仕事ができる人の最高の時間術
  2. 捨てられる銀行2 非産運用
  3. 「残業ゼロ」の仕事力
  4. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  5. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史

献本について

記事

  1. 仕事ができる人の最高の時間術
  2. 外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術
  3. バカ論
  4. インダストリー4.0時代を生き残る! 中小企業のためのIoTとAIの教科書
  5. 日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術
  6. まんがでわかる 地頭力を鍛える
  7. シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件
  8. 脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める
  9. 多動力
  10. 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
ページ上部へ戻る