menu
閉じる
  1. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  2. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 雑誌掲載
  5. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  6. 「残業ゼロ」の仕事力
  7. 捨てられる銀行2 非産運用
閉じる
閉じる
  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

Vol.54 Facebookをビジネスに使う本―お金をかけずに集客する最強のツール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!本シェルジュ渡辺まどかです。
もうみなさんは、フェイスブックをやっていますか?
私は、昨年の秋に始めました。
そして、周りの知人も、続々と参入してきています。
フェイスブックの利用目的は人それぞれですが、今回はビジネスユースでの事例集としての1冊をご紹介します。
知らないツールに手を出すときのセオリーとして、まずは成功者に倣い、そこから自分なりにカスタマイズしていく、というものがあります。
本書は、そのための参考書としてぴったりの本です。
まだフェイスブックを始めていない方。
まずは、映画のソーシャル・ネットワークを見にいってみてください。
きっと、フェイスブックを始めたくなります。
そして、既にフェイスブックを始めている方。
本シェルジュのフェイスブックページも、どうぞよろしくお願いします。
↓↓↓
http://on.fb.me/dStKiH
<目次>
1)今日のオススメの一冊
2)付箋
3)今日の気づき
4)本書の目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)今日のオススメの一冊                   〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「Facebookをビジネスに使う本―お金をかけずに集客する最強のツール」
熊坂仁美著
ダイヤモンド社 (2010/11/05)
amazonURL http://amzn.to/eHCBz1
今回の登場人物紹介
■ティアラ フェイスブックは、2010年の秋頃に始めたばかり。手探り状態で、まだ全然使いこなせていない。
■姫 フェイスブックは、2008年から使っている。主に、海外にいる友人や学生時代のホームステイ先のホストファミリーとのコミュニケーションツールとして使用。
-----
ティアラ: あたしが最初にフェイスブックを知ったのは、姫が使ってたからなんだよね。姫はmixiが流行りだした時には手を出さなかったのに、フェイスブックを始めるのは早かったよね。
姫: 外国人の友達がみんなやってたからね。だから、日本語版がリリースされてすぐ始めたの。でも、日本でもこんなに流行ると思わなかったなぁ。
ティアラ: すごいよね。フェイスブック関連の本もたくさん出てる。
姫: ただ、フェイスブックの機能自体、日々アップデートされているから、その辺は多少ギャップが出ちゃうよね。以前のファンページも、今はフェイスブックページだし。
ティアラ: 確かに。でも、この本はビジネスユースのフェイスブック活用の事例集だから、多少時間がたっても使えると思う。
姫: これから海外進出をしたい日本の中小企業が、その足掛かりとしてフェイスブックを使うというのは、有効な手段だよね。
ティアラ: 中小企業の海外進出支援をするコンサルタントは、そんな事例も知っておいた方がよさそうだね。あたし、英語はダメだけど、フェイスブックには強くなろう! 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋                            〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ソーシャルメディア達人のファンページ活用法
サービスごとにホームページ、ツイッタ―、ファンページをもつこと。コンテンツを切り分けているのだ。
■本部はブランディングとカスタマーサービス、各店舗のファンページは地域密着、コミュニティ形成というホールフーズのやり方はチェーン店舗のファンページ運営の王道といえるだろう。
■ 「フェイスブックのファン限定グッズ」。商品点数は、たくさんあるより厳選した数点の方がファンページには効果的だろう。
■法人向けビジネスでは、顧客に対しての有益な情報提供や、社会的信用を証明するコンテンツが有効だ。
■本のプロモーションに専用サイトを作るのは日本でも一般的になっているが、それに加えてファンページで事前プロモーションを行うのも、今後日本の出版業界でも常識になるのかもしれない。
■最初に目にするコンテンツで、「ここは何のページか」を一瞬でわかってもらい、興味をもってもらい、「いいね!」を押してファンになってもらう、という三つの行動を起こさせる工夫が必要だ。
■個人ブランド型ではまず、「何をしている人か」のアピールが大切だ。
■(satisfaction guaranteed佐藤社長)
「まず言えるのは、世界向けのビジネスをやるのでなければ、フェイスブックを使う意味がないということ。日本向けだけであれば、ツイッタ―やミクシィで十分でしょう。世界につながっているからこそ、フェイスブックのよさが活きます。今、日本は世界に出て行くべき時期にあると思います。今の日本企業にとってこそ、フェイスブックは使わなければいけないツールなのではないでしょうか。」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき                       〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日々進化するフェイスブックは、ビジネス拡大の手段のためのヒントをたくさん与えてくれる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 4)本書の目次                        〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
はじめに
PART1 フェイスブックとは何か、どんな使い方をするのか?
PART2 5年年商を15倍にした会社はフェイスブックをどう使っているのか
PART3 15社の事例に学ぼう!フェイスブックのすごい活用法
PART4 ファン4000人を集めてわかった「ファンページ運営のコツ」
PART5 いよいよ開始!ファンページ作成七つのステップ
PART6 お金をかけずにファンを増やす!三つの賢い方法
PART7 フェイスブックでビジネス拡大を狙うなら「ターゲティング広告」を活用する
PART8 フェイスブックをホームページのようにカスタマイズする方法
おわりに―本物だけが生き残る時代へ
「Facebookをビジネスに使う本―お金をかけずに集客する最強のツール」
熊坂仁美著
ダイヤモンド社 (2010/11/05)
amazonURL http://amzn.to/eHCBz1

関連記事

  1. 人生を変えるマーケティング戦略〜白いネコは何をくれた?

  2. シニアシフトの衝撃

  3. 「デザイン思考」でゼロから1をつくりだす

  4. Vol.50 コトラ―のマーケティング3.0 ソーシャル・メディ…

  5. 「新潟のおせんべい屋さんが東京の女子中学生にヒット商品づくりを頼…

  6. キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる(Vol65…

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
ページ上部へ戻る