閉じる
  1. 雑誌掲載
  2. 仕事ができる人の最高の時間術
  3. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  4. 捨てられる銀行2 非産運用
  5. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  6. やさしい行動経済学
  7. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  8. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  9. 「残業ゼロ」の仕事力
閉じる
閉じる
  1. ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
  2. 教養としてのテクノロジー AI、仮想通貨、ブロックチェーン
  3. RPA革命の衝撃
  4. 新版 ひとり社長の経理の基本
  5. 自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考…
  6. 「言葉にできる」は武器になる。
  7. いい会社ってどんな会社ですか?
  8. 21世紀を生き抜く3+1の力
  9. Hit Refresh~マイクロソフト再興とテクノロジーの未来~
  10. 田舎のパン屋が見つけた『腐る経済』
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

Vol21:ハイコンセプト(村上)

こんにちは!本シェルジュ村上知也です。
寒くなってきましたがいかがお過ごしでしょうか?
今日、ご紹介する本は、発売からもう4年半たっていますが、
購入当時、この本を読むことで興奮したのを思い出しました。
将来に向け自分の進むべき方向を示唆してくれた本の1冊です。
今回改めて読みなおして、
再度、将来について考える機会を持つことが出来ました。
<目次>
  1)今日のオススメの一冊
 2)付箋
 3)気づき
 4)本書の目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)今日のオススメの一冊            〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代 [単行本]
ダニエル・ピンク (著), 大前 研一 (翻訳)
三笠書房 (2006/5/8)

-----
村上: 突然ですが、IQが仕事上の成功を左右した例は何%かわかる?
  (1)50~60%
  (2)35~40%
  (3)23~29%
  (4)15~20%
A子: 
えー、IQだけじゃダメそうだから、(4)15~20%でしょ!
村上:
正解は4~10%だそうですよ。
A子:
 ・・・ 選択肢にないじゃないの! そんなのずるい問題よ!
村上:
選択肢が示されるとその中でしか考えられないのは、
過度の左脳主導思考である証拠です(笑)
A子:
 ・・・ やっぱり マークシートの試験に慣れすぎたせいかしら。
これからは論理的な左脳思考より、
直感的な右脳思考にならないといけないのね。
村上:
左脳は左脳の働き、右脳は右脳の働きがある。
この本で伝えたいのは、左脳的な仕事は、
時給単価の低い国にとられ、いずれ、
コンピュータにとられてしまう。
だからこそ、右脳思考を心がけないといけない。
しかし、それよりも左脳をベースにした論理思考の上に、
右脳力が加わった、全体思考、コンセプトをつくれる能力が
今後のビジネスマンに最も求められることなんだと思うよ。
 
A子:
難しそうだけど、日々のトレーニングで
コンセプト力も身につくものなのね!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋 ~本書からの内容抽出です        〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■右脳は確かに存在する。右脳は重要である。
そして私たちを人間たらしめるものである。 (中略) 
だが、神経科学の研究室や脳のスキャン画像を撮影する
クリニックを一歩でれば、右脳に関する
「二つの誤った考え」がいまだに残っているのだ。
■こんなジョークがある。世の中には二種類の人間がいる。
あらゆるものを二つのカテゴリーに分けられると
信じている人間と、それ以外の人間。
■1987年、当時、チェス界の「異端児」であったカスパロフは、
「どんなコンピュータもボクに勝つことはできないよ」
と得意げに話していた。
今日現代の「ジョン・ヘンリー」となったカスパロフは
こんなふうに言っている。
「あと数年もしたら、コンピュータが全戦全勝するようになる。
たった一勝するためにさえ、人間は苦戦することになるだろう」
■未来は、「左脳型人間は絶滅、右脳型人間は歓喜」
といった二元論的な世界ではない。 (中略)
「左脳主導思考」はこれからも不可欠なものだ。
ただ、それだけでは十分ではない、と言っているのである。
■GMの会長職に就いたとき、「ニューヨーク・タイムズ」紙の
インタビューで、前任者とあなたのアプローチの違いは
どんなところかと尋ねられ、彼(ロバート・ルッツ)はこう答えた。
「もっと右脳的なアプローチをするということです。
我々が手掛けるのは、『アート・ビジネス』です。
芸術であり、エンターテインメントであり、
動く彫刻なのです。
それがたまたま、乗り物としても使える、ということです」
■これから求められる「六つの感性(シックスセンス)」
 1.「機能」だけでなく「デザイン」
 2.「議論」よりは「物語」
 3.「個別]よりも「全体の調和(シンフォニー)」
 4.「論理」ではなく「共感」
 5.「まじめ」だけでなく「遊び心」
 6.「モノ」よりも「生きがい」
■美しく見えるものは機能もうまくいくものが多い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき                 〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
左脳的な仕事でさえ、今に全て、
時給単価の低い国で行われるようになる。
そして、そのうち全ては、コンピュータで置き換えられることになる。
自分の仕事が海外に奪われないか、
コンピュータに奪われないか考えてみるべきである。
だからこそ右脳思考が必要になる。
しかし、左脳の重要性も変わらない。
全体的なコンセプトを描ける人間になる必要がある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 4)本書の目次                  〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
訳者解説:これからの日本人にとって必読の教則本~大前研一
はじめに:「専門力」ではない「総合力」の時代!
第1部:「ハイ・コンセプト(新しいことを考えだす人)の時代」
 1.なぜ、「右脳タイプ」が成功を約束されるのか
 2.これからのビジネスマンを脅かす「3つの危機」
 3.右脳が主役の「ハイ・コンセプト/ハイ・タッチ」時代へ
第2部:この「六つの感性(センス)」があなたの道をひらく
 1.「機能」だけでなく「デザイン」
 2.「議論」よりは「物語」
 3.「個別]よりも「全体の調和(シンフォニー)」
 4.「論理」ではなく「共感」
 5.「まじめ」だけでなく「遊び心」
 6.「モノ」よりも「生きがい」
あとがき:これからの成功者と脱落者を分ける3つの「自問」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代 [単行本]
ダニエル・ピンク (著), 大前 研一 (翻訳)
三笠書房 (2006/5/8)
amazonURL:http://amzn.to/awSOy3

関連記事

  1. その科学が成功を決める

    その科学が成功を決める

  2. 働くひとのためのキャリア・デザイン

  3. 超一流のクレーム対応

  4. トヨタの片づけ

  5. グロービスMBAで教えている プレゼンの技術 – 人…

  6. まんがでわかる 地頭力を鍛える

おすすめ記事

  1. やさしい行動経済学
  2. 仕事ができる人の最高の時間術
  3. 捨てられる銀行2 非産運用
  4. 「残業ゼロ」の仕事力
  5. 会社に頼らないで一生働き続ける技術

献本について

記事

  1. ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
  2. 教養としてのテクノロジー AI、仮想通貨、ブロックチェーン
  3. RPA革命の衝撃
  4. 新版 ひとり社長の経理の基本
  5. 自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方
  6. 「言葉にできる」は武器になる。
  7. いい会社ってどんな会社ですか?
  8. 21世紀を生き抜く3+1の力
  9. Hit Refresh~マイクロソフト再興とテクノロジーの未来~
  10. 田舎のパン屋が見つけた『腐る経済』
ページ上部へ戻る