menu
閉じる
  1. 「残業ゼロ」の仕事力
  2. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  3. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  7. 雑誌掲載
閉じる
閉じる
  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

Vol5.世界がわかる理系の名著

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!本シェルジュ村上知也です。
前回は、「脳科学の壁」をご紹介しましたが、引き続き、
理系っぽい?本をセレクトしました。発明・発見のドラマに興奮します!

理系と言いつつ、物理や化学ばかりだけではなく、生命の神秘や地学とか色んな分野の有名人を紹介してくれます。

こんなに一つのことに集中できる・・・うらやましいです。
<目次>
1)今日のオススメの一冊
 2)付箋
 3)気づき
 4)本書の目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)今日のオススメの一冊                   〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本シェルジュ村上知也です。今日は理系の名著を紹介してくれる本です。
「世界がわかる理系の名著」鎌田浩毅 (講談社 2009/1/21)
amazonURL:こちら

-----
A子:わたし文系だったから、理系の本は殆ど読んだことないわ。
村上:僕は理系だったけど、そうは言っても、
   この本で紹介されている14冊を読んだことはなかったよ。
A子:でも、ノーベル賞をとった人たちの著書なんて、
   難解で一般の人にはわからない内容だと思って
   いたから敬遠してたの。
村上:新しい理論を構築した人は、いつも異端児で、
   一般の人どころか、
   同じ学会の人たちからも理解されない。
   その理解されない苦悩が一般の人にも理解されるように、
   分かりやすく、分かりやすく伝えようとしたんだろうね。
   この著書でピックアップされている内容を読むと、
   原著が読みたくなりました。
A子:『Think Different』APPLE社のCMを思い出したわ。
   自分で世界を変えられると信じる人たちが
   本当に世界を変えているのだから。

   http://www.youtube.com/watch?v=jIStLfVfwNg&feature=related
   彼らの純粋に世界を変えるんだ!という思いには、
   感動してしまった。
村上:小さい頃、よくエジソンやニュートンとか偉人の伝記を
   読んで科学者になりたいと思ったものです。
   そういう意味では、中高校生くらいに
   も、ぜひ読んでもらいたい本ですね。
A子:どの発明・発見にもドラマがあり、
   それを世の中に知らしめるための
   戦いがありますね。
村上:アルフレッド、ウェゲナーは、大陸移動説を唱えた人だ。
   世界地図を見ると、アフリカと南米大陸がくっつきそうなのは、
   誰でも気付く。でも夢物語でしかない。
A子:彼は、研究家である前に、冒険家でした。多くの大陸をまわって、
   地層や、化石を調査し続けた。そして、我々が地図上で見ている
   大陸は、かつては、超大陸「パンゲア」だったものが、バラバラ
   に漂流したものだと提唱しました。
村上:50歳の誕生日に、グリーランド探検に出て、消息を絶つまで、
   彼は、調査と探検に明け暮れた。
   「大陸移動説」が世の中に認められたのは、
   やはり彼の死後であった。
   僕らも自分自身を確立していくために戦っていきたいね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋 ~本書からの内容抽出です         〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ファーブルが求めていたのは昆虫に関する学術論文の執筆ではなく、
 昆虫の生の動態を描くことだった。学会に出向いて自分が発見した
 新事実を発表すると、研究者としての実績は残るだろうが、学術論
 文として書いたのでは、ごく一部の学者たちに読まれるだけで多く
 の人に知られることはない。
  <中略>
 彼が目指したのは、オリジナルでありながら万人に広く読まれると
 いう新しいタイプの本だった。
■人間が厳しい環境を少しでも快適にするため、クーラーやストーブ
 を発明して地球の資源を消費し続けている間、粘菌は自らの性質を
 変化させることで、環境に適応してきた。人間には思いつかない大
 胆なやり方ではないか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき                     〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界を変えたい。新しい発見を伝えたい。
そんな純真な思いを持ち続ければ自分も変えることができるはず。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 4)本書の目次                      〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1章 生命の世界
     ダーウィン、ファーブル、メンデル、ワトソン
第2章 環境と人間の世界
     ユクスキュル、パヴロフ、カーソン
第3章 物理の世界
     ガリレイ、ニュートン、アインシュタイン、ハッブル
第4章 宇宙の世界
    プリニウス、ライエル、ウェーゲナー
「世界がわかる理系の名著」鎌田浩毅 (講談社 2009/1/21)
amazonURL:こちら

関連記事

  1. 人工知能は人間を超えるか

  2. 世界中のエリートがやっている最高の休息法

  3. Voi93フェルマーの最終定理

  4. 科学的に元気になる方法を集めました

    科学的に元気になる方法集めました

  5. もっとも美しい数学 ゲーム理論

  6. グーグルに学ぶディープラーニング

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
ページ上部へ戻る