menu
閉じる
  1. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  2. 雑誌掲載
  3. 捨てられる銀行2 非産運用
  4. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  5. 「残業ゼロ」の仕事力
  6. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  7. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
閉じる
閉じる
  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

夢を売る男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。本シェルジュの藤井無限です。

桜が満開になり、すっかり春めいてきました。
今月の本シェルジュは、「夢」をテーマに配信してまいりました。
このテーマでの配信も、私で最後です。

「夢」に関しては他の本シェルジュメンバーが、良い本を紹介していますので、
正直、本を選ぶの大変でした。
そこで、私からは少し「夢」をシュールにとらえている小説を取り上げます。

この本は、物書きになりたい人、自費出版したい方は決して読んではいけません。(笑)

<目次>
1)今日のオススメの一冊
2)付箋
3)今日の気づき
4)本書の目次

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)今日のオススメの一冊                   〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
夢を売る男
百田尚樹(著)
太田出版 (2013/2) 282ページ

Amazon URL
http://amzn.to/X48U0X

今回の登場人物紹介
■むー先生:海賊の本を書くのが夢
■悪代官:出版社の編集長
-----------------------------
悪代官:むー先生、先生の海賊にかける情熱に感激しました。
原稿を読ませていただきましたが、一言でいうと。。
「天才」の仕事です。

むー先生:そうですか、やはり分かる人には分かるんですね。
あまりにも斬新過ぎて、一般の人には理解されないのではないかと心配でした。
海賊には、全ての少年を熱くするものがあります。

悪代官:私をその程度の編集長だと思ったんですか!
見くびってもらったら困ります。
この本は、100万部のベストセラーになります。
是非、うちで出版してください。
出版費用は、うちで半分持ちますが、むー先生の側でも半分持ってください。

むー先生:はい、契約します。

悪代官:(この人ちょろいな)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋 ~本書からの内容抽出です              〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

P152
なぜ、うちの客は百万も二百万も払って、
本を出すんでしょうか、と問われて。
「自費出版じゃステイタスがあがらないんだ。金をつかって自己満足で
本をつくったと、周囲に受け取られる。それでは本を出す意味がないんだ。
ところが丸栄社で出せば、これは自費出版ではない。~ 全国の書店に並ぶ
ということが客の自尊心を大いにくすぐるんだ。そこがキモだ」

「本を出すということは、とてつもない魅力的なことなんだよ。自尊心と優越感を
満たすのに、これほどのものはない。」

P165
なぜ、小説が年々売れなくなってくるのに、
小説家志望が年々増えてくるのか、と問われて。
「前にインターネットのブログに使われている言語で最も多いのは
日本語だという話をしたのを覚えているだろう。
あれで日本人は書くことの喜びを覚えたんだ。それと自己を主張する快感を
味わったんだ。自分にも自己実現できるものがあるぞ、と。」

P278
「うちはたしかに夢を売る出版社だ。しかし夢はただじゃない。
現代では夢を見るには金がいるんだ。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき                       〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自己顕示欲が強すぎ、この本の中の登場人物のように
カモにされることもあるだろう、
でも、表現し続けることは大切だと思うんです。

テクノロジーが、素人に簡単に自己表現できる機会を
あたえてくれたのだから存分に活用したい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 4)本書の目次                        〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.太宰の再来
2.チャンスを掴む男
3.賢いママ
4.トラブル・バスター
5.小説家の世界
6.ライバル出現
7.戦争
8.怒れる男
9.脚光
10.カモ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
夢を売る男
百田尚樹(著)
太田出版 (2013/2) 282ページ

Amazon URL
http://amzn.to/X48U0X

関連記事

  1. 天地明察

  2. 会社再生ガール(Vol112)

  3. Vol.66 謎解きはディナーのあとで

  4. 清州会議 〜会議力の物語

  5. ブログでは小説も紹介したいとおもいます

  6. 勝手に伊坂幸太郎ランキング

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
ページ上部へ戻る