閉じる
  1. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  2. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  3. 雑誌掲載
  4. 捨てられる銀行2 非産運用
  5. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  6. 「残業ゼロ」の仕事力
  7. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
閉じる
閉じる
  1. 日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術
  2. まんがでわかる 地頭力を鍛える
  3. シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件
  4. 脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める
  5. 多動力
  6. 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
  7. DREAM WORK PLACE
  8. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  9. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  10. コクヨの3ステップ会議術
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

「ザクとうふ」の哲学

「ザクとうふ」の哲学

こんにちは、本シェルジュの松林です。

今月の本シェルジュは、『NEW』をテーマにお送りしてきました。
私からは、豆腐業界で新しい風を起こし、先日テレビ東京の『カンブリア宮殿』でも採り上げられた、相模屋食料株式会社の社長・鳥越淳司氏の著書をご紹介します。

鳥越氏は、大学卒業後、あの雪印乳業に入社し、食中毒事件のあとでお客様に土下座して回ったという経験があります。その後、相模屋の娘さんと入籍し、今に至ります。

成熟産業とされる豆腐業界にあって、タイトルにもある「ザクとうふ」、マスカルポーネのような「ナチュラルとうふ」等、インパクトの強い商品を生み出す相模屋は、チャレンジし続ける中小企業の象徴的な存在といえます。
同じように成熟産業と言われる業界で『NEW』を求められるあなたに、オススメの一冊です。


<目次>
1)今日のオススメの一冊
2)付箋
3)今日の気づき
4)本書の目次

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)今日のオススメの一冊 〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ザクとうふ」の哲学
鳥越 淳司(著)、夏目 幸明(構成)
PHP研究所 (2014/9) 240ページ

今回の登場人物紹介
■りか:『まんがでわかるセブン-イレブンの16歳からの経営学』をねだって買ってもらったJS。勉強は社会が一番好き。
■パパ:ガンダムをこよなく愛する、とはいかないがアニメ好き。最近のお気に入りは『四月は君の嘘』。
-----------------------------

(スーパーにて)
りか: パパ、これなに?
パパ: これはね、『MS-06ザクとうふ』といって、相模屋という会社が作っているお豆腐だよ。
りか: なぜ緑色なの?
パパ: ガンダムというアニメに出てくる量産型の人がた兵器に「ザク」というのがあって、その色と頭の形にちなんだそうだ。
りか: ああ、『弱虫ペダル』で御堂筋くんが「ザク出ろ」とか「こいつは量産型やない」とか言ってたやつ?
パパ: そうそう。
りか: でも、アニメのキャラクターにちなんだものは、なかなか許可が出ないんじゃないの?
パパ: ガンダムの権利を持っている会社は、サンライズというんだけど、この豆腐はサンライズ公認なんだよ。
りか: へえ。どうやって許してもらったのかな?
パパ: (スマホの画面を見せて)それは、この本に書いてあったよ。
りか: その本持ってるの? あとで貸して!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋 ~本書からの内容抽出です 〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■第1章 ビジネスではゲリラ戦を より(P31)
「わけのわからないこと」をやろうとするときは、心の底がウズウズする感覚を共有してくれる仲間を集めるほうが近道だと思います。(中略)
キャラクター商品を出すとき、権利を持つ会社が警戒するのは「物語の世界観を壊されないか?」ということだと思います。だからこそ、知り合いに「熱狂的なガンダムファン」と認めてもらう、そして、その知り合いにまた「この人なら大丈夫」と認めてもらう、ということを繰り返し、その結果、先方に「ザクとうふ」の発売を認めていただけたのだと思います。

■第2章 お詫びする毎日、その中で掴んだもの より(P57)
事件の前は、もちろん雪印の一員であることに「誇り」を持っていました。
でもよく考えてみれば、その「誇り」とは何だったのでしょうか?私が拠り所にしていた誇りなど、しょせん誰かがつくったものだったのです。
(中略)
今度は私自身、正しく生きる。言い訳できないことはしない。
自分が誇っていいことなど、元々なかった。人から与えられた立場や役職を誇ってはいけない。
私はこれを生涯忘れないと心に誓ったのです。

■第5章 恥ずかしい、情けない より(P123)
差異化とは、一切説明せずとも「一目でわかる」ことを指すからです。
一瞬で、誰でもわかる形で、競合との圧倒的な違いを打ち出さなければいけません。
では、何を使うか。それが当社の場合は「工場の設備」だったのです。

■第6章 なぜ、業界一位を目指したのか より(P151)
たまに私の習慣である「常識のアップデート」をすると、変化に気づくことができるのです。過去にできなかったことが、今後もずっとできないわけではありません。
だから私は「そんなのムリムリ」と検討すらされなかったことが、いま、できるようになっているのではないか、とたまに自動車に乗っている時間などを使い、頭の中を整理します。

■第8章 商品開発の極意 より(P195)
確かに私は四六時中、おとうふのことを考えてはいます。でも、おとうふだけを見ているわけではありません。
雪印乳業時代に、スーパーさんに売り場の提案をしたときに学んだことです。
視野を広げて全体観を捉えないといい発想は生まれないのです。(中略)
おとうふの市場でも、私はいつも、全体を見るように心掛けています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき 〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本書を読むと、鳥越氏の戦略は、単に目新しい新機軸の商品を世に送り出すにとどまらず、豆腐流通の壁を打ち破る賞味期限の長い豆腐づくり、日本最大級の生産設備など、成長戦略の王道を行くものとわかります。

理想の姿を追い求め、できない理由を潰していくその姿に、会社を伸ばす経営者の特質がよく表れていますし、金融機関などのステークホルダーが協力したくなるのも理解できると感じました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 4)本書の目次 〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1章 ビジネスではゲリラ戦を
-「ザク」と「とうふ」とのコラボレーション
第2章 お詫びする毎日、その中で掴んだもの
-ビジネスで本当に誇れるものとは何か
第3章 難しいからこそ勝機あり
-新しい「器」、新しい「常識」をつくる
第4章 なぜ、日本最大級の製造工場を稼働させたのか
-業界一位への最大の布石
第5章 恥ずかしい、情けない
-改善項目一〇〇〇個以上、工場稼働に黄信号
第6章 なぜ、業界一位を目指したのか
-「六年間で売上四倍」の真実
第7章 改善と買収
-伸びているときこそ、内部、外部の改革を進めよ
第8章 商品開発の極意
-迷わず一球目から振る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ザクとうふ」の哲学
鳥越 淳司(著)、夏目 幸明(構成)
PHP研究所 (2014/9) 240ページ

関連記事

  1. Vol.58 まんがと図解でわかるドラッカー

  2. ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学

  3. 経済古典は役に立つ(Vol45)

  4. スターバックスCEOだった私が伝えたい これからの経営に必要な4…

  5. なぜ、真冬のかき氷屋に行列ができるのか?

    なぜ、真冬のかき氷屋に行列ができるのか?

  6. 【本シェルジュ】「好き嫌い」と経営

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. 日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術
  2. まんがでわかる 地頭力を鍛える
  3. シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件
  4. 脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める
  5. 多動力
  6. 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
  7. DREAM WORK PLACE
  8. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  9. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  10. コクヨの3ステップ会議術
ページ上部へ戻る