閉じる
  1. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  2. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  3. 「残業ゼロ」の仕事力
  4. 捨てられる銀行2 非産運用
  5. 雑誌掲載
  6. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  7. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
閉じる
閉じる
  1. 日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術
  2. まんがでわかる 地頭力を鍛える
  3. シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件
  4. 脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める
  5. 多動力
  6. 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
  7. DREAM WORK PLACE
  8. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  9. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  10. コクヨの3ステップ会議術
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

これからのマネジャーの教科書

おはようございます。
本シェルジュの丸山祐哉です。

4月と10月は大規模な人事異動がある会社が多いですね。
ひょっとすると読者の方の中にも、10月付けで異動や昇進・昇格があった方もいるのではないでしょうか。
そんな中、本日はミドルマネージャーに昇進された方にオススメの教科書を紹介します。
すでにミドルマネージャーの方、これからミドルマネージャーを狙う方も参考になるので是非。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1)本日紹介する書籍               
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「これからのマネジャーの教科書」
東洋経済新報社 (2016/6/23) 301ページ
グロービス経営大学院 (著), 田久保 善彦
AmazonURL:http://www.amazon.co.jp/dp/4492522190

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2)本書を選んだ理由    どんな人が読むべき?               
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ミドルマネージャーに特化して書かれた本を珍しく感じたので手に取りました。
中を数ページめくってみると、ミドルマネージャーへのインタビュー内容がまとめられていたため、
他社の社風などを感じることができると思い、購入しました。
「ミドルマネージャーになりたてのときに読みたかった!」と感じる部分があったので、
ミドルマネージャーを狙う方・ミドルマネージャーに昇進された方に読んでいただきたいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 3)付箋 ~本書からの内容抽出です           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
P23
「ミドル・アップダウン・マネジメント」型モデルにおいては、
ミドルマネージャーが「トップが創りたいと願っているものと現実世界にあるもの(第一線で活躍する社員が精通しているもの)との矛盾を解決しようと努力」するところに特徴がある。

P35
働くことに対する強い想いこそが、ミドルマネージャーたちを突き動かしているのだ。
そして、彼らはこの想いを、自分の言葉で、熱く語れる人たちでもあった。
「語る」ということを通じて、熱い想いが伝播し、周りの人間をも突き動かすような人材だったのだ。
その反面で、強い想いを持つがゆえに、組織や上司・周囲の人間の考えとの間に違いが生まれ、多くのギャップを抱いていた。
そうしたギャップの中においても、期待を超えるミドルマネージャーたちは、
「周囲との考え方を乗り越える力」があり、期待を超える成果を上げ続けている。

P58
過去の強烈な経験がなくても、「想い」を抱くことは可能かもしれない。
しかし、過去の経験を節目として認識していないと、自覚した強い「想い」にまでは昇華されず、
期待を超える成果を上げるための「力」として機能しない場合が多いことがインタビューから見えてきた。

P84
自らを振り返り、「仕事に対する意味づけ」をするための節目は自分でつくらなければいけないのだ。

P116
持論を言語化することで、頭の中にあるものを見える化し、意識の中でより確固たるものにしているミドルマネージャーは多い。
メラビアンの法則で示されているとおり、目に見えるものはより自身の意識を強くさせることになる。

P211
「皆さんは、入社して半年くらいは、すべてが新鮮で、できない自分に戸惑い、言われたことを一所懸命頑張ることに集中できるでしょう。
その後、だんだん会社生活に慣れてくると、会社のだめなところが見えてきて、「この会社だめだな」と多くの人が思うようになります。
実はこれは非常に健全であり、会社としては「嫌なところをよくぞ見つけてくれた」という意味なのです。
そして、「それを変えてほしいから、あなたを雇った」のです。
会社の嫌なところが見えてきてこそ、社員として初めて自立してきた証です。
そして「この会社だめだな」で終わるのではなく、「それを解決するためにあなたは雇われたのであり、それがあなたの仕事なのだ」ということを忘れないでください。」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 4)今日の気づき                       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
語れる想いをもち、更にそれを見える化することが、周囲を突き動かすことに繋がること。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 5)本書の目次                        
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1章 ミドルマネジャーとは何か
・マネジメントという仕事
・ミドルマネジャーとは誰を指すのか
・自己変革力を求められるミドルマネジャー

第2章 期待を超えるミドルマネジャーを生むメカニズムと3つの力
・期待を超えるミドルマネジャーとは何か
・スキル(組織で成果を出す力)
・ウェイ(仕事に対する想いの力)
・ギャップ(周囲との考えの違いを乗り越える力)

第3章 期待を超えるミドルマネジャーの自己変革力
・期待を超えるミドルマネジャーになる
・期待を超えるミドルマネジャーはどのように自己変革するのか
・自己解釈レンズ ワークシート

第4章 期待を超えるミドルマネジャーであり続けるために
・期待を超えるミドルマネジャーにも紆余曲折がある
・紆余曲折をいかにくぐり抜けるか―3つのパターン
・維持、回復、強化のための具体的な行動・思考

第5章 7人の事例に学ぶ ミドルマネジャーの自己変革力
事例1:「やりきる」ことで次のチャンスが巡ってくる
     ――キリンビールマーケティング 早坂めぐみ
事例2: 繰り返し取り組んで自らの軸を太くしていく
     ――国内大手機械部品メーカー 牧 浩一(仮名)
事例3: 「読者に喜んでもらいたい」という想いを形にする
――女性誌編集長 鈴木裕子(仮名)
事例4: ロジカルスキルとコミュニケーションスキルを強みに自分の提供価値を最大化
――スリーエム ジャパン 井手伸一郎
事例5:「これだけはあいつに聞け」と言われる強みをつくる
――外資系医療関連会社 山本健一(仮名)
事例6:「人のためになることをしたい」という想いを軸として生きる
――日本財団 青柳光昌
事例7: 想い(ウェイ)の強さで社内外を巻き込んで大企業を活性化
――パナソニック 有志の会 OnePanasonic発起人・代表 濱松 誠

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「これからのマネジャーの教科書」
東洋経済新報社 (2016/6/23) 301ページ
グロービス経営大学院 (著), 田久保 善彦
AmazonURL:http://www.amazon.co.jp/dp/4492522190
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

  1. (Vol132)トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈3〉知…

  2. 心配事の9割は起こらない

  3. Vol.39 17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間…

  4. 「話し方」の心理学 〜必ず相手を聞く気にさせるテクニック

  5. 経済古典は役に立つ(Vol45)

  6. 本シェルジュVol.115 「 連帯保証人 」 ハンコ押したらす…

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. 日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術
  2. まんがでわかる 地頭力を鍛える
  3. シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件
  4. 脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める
  5. 多動力
  6. 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
  7. DREAM WORK PLACE
  8. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  9. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  10. コクヨの3ステップ会議術
ページ上部へ戻る