閉じる
  1. 仕事ができる人の最高の時間術
  2. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  3. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  4. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  5. やさしい行動経済学
  6. 「残業ゼロ」の仕事力
  7. 雑誌掲載
  8. 捨てられる銀行2 非産運用
  9. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
閉じる
閉じる
  1. AIに振り回される社長 したたかに使う社長
  2. 働く君に贈る25の言葉
  3. ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
  4. 教養としてのテクノロジー AI、仮想通貨、ブロックチェーン
  5. RPA革命の衝撃
  6. 新版 ひとり社長の経理の基本
  7. 自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考…
  8. 「言葉にできる」は武器になる。
  9. いい会社ってどんな会社ですか?
  10. 21世紀を生き抜く3+1の力
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

世界遺産にされて富士山は泣いている

皆さんこんにちは。本シェルジュ・イレギュラーズの吉田です。
いよいよ学生は、夏休み。ビジネスパーソンの皆さんはまだまだお仕事でしょうが・・。
夏と言えば海!に、山!に。海の日に続き、山の日も制定されるということで、昨年世界
遺産に認定された富士山を取り扱ったこんな一冊でちょっと一息はいかがでしょうか?

<目次>
1)今日のオススメの一冊
2)付箋
3)今日の気づき
4)本書の目次

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)今日のオススメの一冊                   〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界遺産にされて富士山は泣いている
PHP新書(2014/6/27)
野口 健 著
231ページ
Amazon URL
http://www.amazon.co.jp/ dp/4569820042/

今回の登場人物紹介
◆登山家  けんたくん(け)
 干物女子 はるかさん(は)
-----------------------------
は:暑い、だるい、なにもする気が起きないわ~
け:そんな時は、涼しい山でも登りにいかないか?世界が広がるぞ!
は:そんなの一人で行ってくださいよ。乙女心が全くわかってないのね。
け:それって、乙女心か??ともかく、じゃ、この本読んでみな。
は:へーなになに。へー、富士山の裏てもんがあるね。
け:興味わいたろ?
は:ま、とりあえず、ごみはゴミ箱に捨てるわ!
け:言いたかったのは、そこだけじゃないんだけどな・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋              〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
■P43
もし、期限までにユネスコを納得させる回答ができなければそうなるのか。一転して
「危機遺産」のリスト入りすることになるかもしれない。
■P74
「簡単にいうと、富士山は自然としては世界的な価値はないということです」つまり、
富士山は日本人にとっては特別な山だが、世界自然遺産とはなりえない、という引導を
渡されてしまったのだ。
■P173
日本ではレンジャーの知名度も低ければ、その意義や役割を理解していない人も多いが、
アメリカなどでは、レンジャーは憧れの職業の一つだ。~P180~僕には一つの夢がある。
両県の富士山レンジャーが同じ制服を着用しながら一緒に富士山の顔として、富士山を守
っていくことだ。両県にまたがっている富士山だが、富士山はあくまでひとつなのだから。
■P209
宍野さん(富士信仰の方)はさらにいった。「われわれは『お頂上』では、ご来光を拝ま
ないからね。」~富士山の頂上で日の出を上から眺めるという発想は、登山が完全に観光
化してからの習慣だろうという話だった。
■P224
人で、もみくちゃにされながら山頂に立てば「富士山は信仰の山から観光の山になった。
それなのに、世界遺産には信仰の山として登録された」ことのギャップを実感できるかも
しれない。そうした経験を経れば~「自分が山に求めるもの」「自分が世界遺産にもとめ
るもの」「自分が観光に求めるもの」もその積み重ねからしか見えてこない。~そのなか
で、
観光すること、旅をすることが、本当に人生に充実感を与えてくれるものになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき                       〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2103年富士山は世界文化遺産に認定され、マスコミ等で取り上げられる機会が多くありま
した。一方で富士山のゴミ問題が顕在化していることもなんとなく認識していましたが、
世界自然遺産に認定されないかった理由がそこにあったのかと興味を本書により掻き立て
られました。
一方で、環境保全と観光振興の両立がまったなしの状況に突き付けられていることも再認
識でき、富士山への違った見方ができるようになったと思います。山に登らない人でも、
夏休み時期ですしちょっと普段と違った本でもという方にお勧めです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

  1. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

  2. 銀行員はココを見ている 社長のための「中小企業の決算書」読み方・…

  3. 誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち

  4. 2012年の記憶に残った本

  5. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史…

  6. 400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術

おすすめ記事

  1. やさしい行動経済学
  2. 仕事ができる人の最高の時間術
  3. 捨てられる銀行2 非産運用
  4. 「残業ゼロ」の仕事力
  5. 会社に頼らないで一生働き続ける技術

献本について

記事

  1. AIに振り回される社長 したたかに使う社長
  2. 働く君に贈る25の言葉
  3. ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
  4. 教養としてのテクノロジー AI、仮想通貨、ブロックチェーン
  5. RPA革命の衝撃
  6. 新版 ひとり社長の経理の基本
  7. 自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方
  8. 「言葉にできる」は武器になる。
  9. いい会社ってどんな会社ですか?
  10. 21世紀を生き抜く3+1の力
ページ上部へ戻る