menu
閉じる
  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  4. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  5. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  6. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  7. 雑誌掲載
閉じる
閉じる
  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

気づきコミュニケーション 人も企業も!成長の原点はいつも「気づき」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。本シェルジュの吉田です。

立春を迎え、春に向けて一歩ずつ季節は進んでいます。

新しい季節に向けて新しい気付きを(ややこじつけですが・・)ということで、

今回はこの本を紹介します。

 

<目次>

1)今日のオススメの一冊

2)付箋

3)今日の気づき

4)本書の目次

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓 1)今日のオススメの一冊                   〓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

気づきコミュニケーション

人も企業も!成長の原点はいつも「気づき」

実業之日本社(2016/1/29)

川口 洋一郎 著

186ページ

Amazon URL

http://www.amazon.co.jp/dp/4408331252

今回の登場人物紹介

織田信長(の)

明智光秀(あ)

-----------------------------

場所は、本能寺・・(ちょっと例の映画風に)

あ:信長!いざ覚悟!!(と刀を構える)

の:みっちー(?)あんなに可愛がったのになぜ裏切る!

 

あ:殿は私に冷たくあたり続けるからだ!

の:それは甘いぞ!わしの言ったことをお前がどう捕えるか、どう気づくか、受け取る側で大きく変わるのだ!この本を読め!

あ:んーーー、「気づき」とな。いい本だ。

の:だろう?なら謀反はやめろ!

あ:でも、この本、にあるように殿は私の受け取ることを本当に考えてくれないのじゃ!

バサッ!!(刀で信長に切りつける!)

の:ううっ・・・。ワシも本の読み込みが甘かったかのう。そりゃないぜ!!

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓 2)付箋              〓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■P27

気づきは、他からの情報が自分の意識に変化を与えて悟った自覚という情報になるため、見ている人は購入という行動に移そうとするのです。

 

■P30

気づきは、情報が整理されることで思考的成長が行われ、発見や展開により気持ちが高ぶり、やる気が起こる感情的成長を促します。そして自ら動くという行動的成長をもたらし、物事を進めるうえで、もしくは自身が成長するうえで欠かせない段階を踏んでいます。

 

■P128

気づきを与えることは、知ってもらうことではなく、自分事として自覚してもらうことです。

・・・ものは言いようです。

 

■P151

差別化の恐ろしいところは、他と比較することで自分本来のストロングポイントを見失うこと、そして無理やり他人と違う特徴を付加しようとして自分自身でなくなってしますことです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓 3)今日の気づき                       〓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

仕事でも、人間関係でも気づきは、新しい価値観を与えます。それは、コミュニケーションを通じて、企業と顧客、人と人のお互いを活かしあえる関係の構築につながるのでしょう。本書では、実例を交えながら、気づきを与えてくれる一冊となっています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓 4)本書の目次                        〓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【目次】

第1章 「気づき」がもつチカラ―気づきがあなたを、会社を、成長させる(「気づき」をプレゼント;

「気づき」は解決のための「発見」と「展開」 ほか) 第2章 「気づき」に導く「ヒアリング力」(コミュニケーションにおける5つの落とし穴;

自分が気づきたいと思わなければ、相手も気づかない ほか) 第3章 「気づき」を与える「アシスト力」(「気づき」をアシストするポイント;

一度で気づかれるものは、すぐに冷める ほか) 第4章 「気づき」が成長させた7つのアシスト(己ではなく、相手目線を

;利益ではなく、大義を ほか)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

関連記事

  1. LIFE SHIFT~100年時代の人生戦略~

  2. 記者ハンドブック 第12版 新聞用字用語集

  3. ロジカルシンキング・リーディング

  4. 戦略と実行―組織的コミュニケーションとは何か

  5. 会社に頼らないで一生働き続ける技術

  6. 「なぜか人に好かれる人」の共通点

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
ページ上部へ戻る