閉じる
  1. 「残業ゼロ」の仕事力
  2. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  3. 仕事ができる人の最高の時間術
  4. 捨てられる銀行2 非産運用
  5. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  6. 雑誌掲載
  7. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  8. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
閉じる
閉じる
  1. キラーストレス 心と体をどう守るか
  2. もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか
  3. 仕事ができる人の最高の時間術
  4. 外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術
  5. バカ論
  6. インダストリー4.0時代を生き残る! 中小企業のためのIoTとAIの教…
  7. 日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術
  8. まんがでわかる 地頭力を鍛える
  9. シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件
  10. 脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。

毎日のようにAIのニュースが取りあげられ、AIの展示会は身動きができないくらいの盛況。まさにAIブーム。そしてブームとは近い将来に終わるものです。

 なぜブームが終わるのか。それは実態以上に期待値が高まっているからです。今は多くの商品やサービスが、無駄にAIというキーワードだけをつけて情報発信しています。その方が話題になるとわかっているからでしょう。そして、結果的にうまくマスコミなどに取りあげられているところもあります。しかし、その中身は本当に、ブレークスルーがおきるほどのAIを使っているのでしょうか? 今後の私たちはその見極めが必要になると思います。話題性だけで人を呼べても、中身がなければ実際は、活用されないでしょう。

ということで、AIの書籍を紹介したり、AIについていろんな切り口で考えてみました。 企業診断ニュース9月号です。

http://www.doyukan.co.jp/store/search.html?c=51

関連記事

  1. しんがり 山一證券 最後の12人

  2. その本図書館にありますか?WEBで簡単に確認出来る方法

  3. Q&A すぐわかる軽減税率

  4. 雑誌掲載

  5. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本

  6. 100の技術

    日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術

おすすめ記事

  1. 仕事ができる人の最高の時間術
  2. 捨てられる銀行2 非産運用
  3. 「残業ゼロ」の仕事力
  4. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  5. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史

献本について

記事

  1. キラーストレス 心と体をどう守るか
  2. もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか
  3. 仕事ができる人の最高の時間術
  4. 外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術
  5. バカ論
  6. インダストリー4.0時代を生き残る! 中小企業のためのIoTとAIの教科書
  7. 日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術
  8. まんがでわかる 地頭力を鍛える
  9. シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件
  10. 脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める
ページ上部へ戻る