menu
閉じる
  1. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  2. 捨てられる銀行2 非産運用
  3. 「残業ゼロ」の仕事力
  4. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  5. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  6. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  7. 雑誌掲載
閉じる
閉じる
  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

「旭山動物園」革命―夢を実現した復活プロジェクト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本シェルジュの村上です。
(メルマガ未発行書籍の紹介です)

「旭山動物園」革命―夢を実現した復活プロジェクト
小菅正夫著
出版社: 角川書店 (2006/02)180ページ

旭山動物園へはいつか行きたいと思いつつ、まだ行ったことがありません。
動物の行動をそのまま入園者に魅せる行動展示!
どういった展示が行われているかは既にテレビなどでもよく取り上げらていますね。
ペンギンの屋外の散歩、アザラシの透明パイプへの突入・・・

なぜ、旭山動物園はこんなことができて、へき地にあるにもかかわらず有数の入園数を誇る動物園に成長したのでしょうか?

園長さんがアイデアマンだったから? 要素の一つではありますが、成功の本質ではないでしょうね。

どういった取り組みを続けてきたのか、旭山動物園の歴史がわかるマーケティングの本とも言えるのかもしれません。

最初に出てくるエピソードは「飼育係のワンポイントガイド」
オリの前で動物について説明するわけです。そうすると接客と同じで支持される飼育係とそうでない係がいるわけです。
動物図鑑に載っているようなことをそのまましゃべっていると、入園者は興味をなくし、その動物の個性や出来事を話すと、入園者は興味ランランで聞いてくれます。

また、入園者が喜ぶためにペンギンを行列させているのではなく、運動不足のペンギンが自ら行列散歩をしたがったなど、動物の自然な習性を重視した展示が徹底されています。見世物ではなく、そのものを見ていただく。

復活劇はドラマティックなものではなく、努力の積み重ね、そして動物のことを考え続けた結果なんでしょうね。

関連記事

  1. 金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?

  2. 地方消滅―東京一極集中が招く人口急減

  3. 「デザイン思考」でゼロから1をつくりだす

  4. なぜ、あの会社は儲かるのか? ビジネスモデル編

  5. 町工場の娘

  6. フレッシュネスバーガー手づくり創業記

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
ページ上部へ戻る