menu
閉じる
  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 雑誌掲載
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  6. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  7. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
閉じる
閉じる
  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

キレもあって、コクもある、そんな後味悪い5つの小説(村上)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おきまりのハッピーエンドは、ごめんだ。

どんでん返しばかりのミステリーも疲れる。

たんに、そんなおわり方はないだろう!という後味の悪さじゃない。

うわー、そうきたか・・・後味悪すぎる・・・・ で、でも、ゾクゾクした。

そんな5つの小説を選んでみました。


〈ビッグ・ブラザー〉率いる党が支配する全体主義的近未来。ウィンストン・スミスは真理省記録局に勤務する党員で、歴史の改竄が仕事だった。しかし彼は、以前より完璧な屈従を強いる体制に不満を抱いていた。ある時、奔放な美女ジュリアと出会ったことを契機に、伝説的な裏切り者が組織したと噂される反政府地下活動に惹かれるようになるが……。

スミスの最後の一言が忘れられない・・・ 私の中のNo1後味の悪さだろう!


連続する幼女誘事件の捜査が難航し、窮地に立たされる捜査一課長。若手キャリアの課長を巡って警察内部に不協和音が生じ、マスコミは彼の私生活をすっぱ抜く。こうした状況にあって、事態は新しい局面を迎えるが……。人は耐えがたい悲しみに慟哭する。。。

デビュー作らしい荒削りさの中で、読み終わって本当に慟哭した


連続殺人犯の日記帳を拾った森野夜は、次の休日に未発見の死体を見物に行こうと「僕」を誘う…。

正しいも間違っているもないのだ。 ただ、死に興味があるだけ。。。


そこさえ改善すれば世の中は良くなる。それがボトルネック。
いったいこの世のボトルネックはどこにあるのか。
それを知った時、僕はどうする?


都内の2LDKに暮らす男女四人の若者達。本音を明かさず、“本当の自分”を装うことで優しく怠惰に続く共同生活。そこに男娼をするサトルが加わり、徐々に小さな波紋が広がり始め……。
(山本周五郎賞)

単なる青春物とみせかけて・・・

関連記事

  1. 「できません」と云うな―オムロン創業者 立石一真

  2. 遠まわりする雛 (氷菓シリーズ)

  3. 色彩を持たない 多崎つくると、彼の巡礼の年〜 村上 春樹 (20…

  4. 落ち込んだ時に読むべき小説(元気になるとは限りません)

  5. 空飛ぶタイヤ

  6. 辻村深月シリーズ

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
ページ上部へ戻る