menu
閉じる
  1. 雑誌掲載
  2. 捨てられる銀行2 非産運用
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  6. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  7. 「残業ゼロ」の仕事力
閉じる
閉じる
  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

「意識高い系」という病~ソーシャル時代にはびこるバカヤロー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本シェルジュの村上です。

意識が高い」こと。これは素晴らしいことだと思う。
自分も「意識が高く」ありたいです。

でもいきすぎると、おかしなことになってしまう。。。
いや、そもそも、
自分をより良くしなきゃあ!
レベルアップしなきゃあ!
と思うことが「意識が高い」ということではなくて、、
実際に、行動して、結果を出せた人が「意識が高い人」なんだと思う。

常見さんは、意識が高そうだけで、結果が出せない人を「意識高い系(笑)」と述べています。


「意識高い系」という病~ソーシャル時代にはびこるバカヤロー 常見陽平著

第1章 意識の高い学生(笑)
第2章 セルフブランディングのバカヤロー
第3章 意識が高すぎるソーシャルメディア
第4章 自分磨きが止まらない
第5章 なぜ、意識は高くなるのか


「意識高い系」の特徴はこれだ! (帯より)
・やたらと学生団体を立ち上げようとする
・やたらとSNSのプロフィールを「盛る」
・やたらと自己アピールする
・ソーシャルメディアで意識の高い発言を繰り返す
・人脈をやたらと自慢、そして利用する
・やたらと前のめりに学生生活を送る
・人を小バカにした発言をする

 

色々事例は出てきますが、
結構、自分にもHITするのが、あるんですよね。気をつけねば。
名言の拡散とかよくやっているし(^^;

でも、決して、悪いことじゃないんですよね。
ちょっと背伸びしてアピールするなんて多くの人がやっていると思います。

ただそこから、
「ソーシャルの発言だけは成長するけど、
自身が成長していない。」

そんな状態にならないようにしたいものです。

関連記事

  1. 承認欲求―「認められたい」をどう活かすか?

  2. 27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10

  3. Vol26.感動3.0 自分らしさのつくり方

  4. My Credo(マイクレド)

  5. 夢をかなえるゾウ2

  6. 働く女性 28歳からの仕事のルール(Vol.143)

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
ページ上部へ戻る