閉じる
  1. 雑誌掲載
  2. 捨てられる銀行2 非産運用
  3. やさしい行動経済学
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 「残業ゼロ」の仕事力
  6. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  7. 仕事ができる人の最高の時間術
  8. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  9. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
閉じる
閉じる
  1. ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
  2. 教養としてのテクノロジー AI、仮想通貨、ブロックチェーン
  3. RPA革命の衝撃
  4. 新版 ひとり社長の経理の基本
  5. 自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考…
  6. 「言葉にできる」は武器になる。
  7. いい会社ってどんな会社ですか?
  8. 21世紀を生き抜く3+1の力
  9. Hit Refresh~マイクロソフト再興とテクノロジーの未来~
  10. 田舎のパン屋が見つけた『腐る経済』
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

自分では気づかない、ココロの盲点 完全版 本当の自分を知る練習問題80

おはようございます。
本シェルジュの夏原 馨です。

新年度が始まって2週間余り。
新しい環境のそわそわ感が落ち着き、GWの予定が決まりつつある頃でしょうか。
環境変化の緊張に三寒四温の気候と、体調を崩しやすい時期です。
疲れたなと思ったら無理せず、ご自愛くださいね。

本日ご紹介するのは、脳のクセ=「認知バイアス」について書かれた本です。

疲れてくるとつい甘いものに手が伸びてしまう(痩せたいのに)
はきはき話す人は優秀だと錯覚する
「今だけ!」と言われたらつい買ってしまう・・・

思い通りにならない“脳のクセ”は枚挙にいとまがありません。
もともとはマーケティングの研修ネタとして読み始めたのですが
あまりにも、自分の「勘違い」の気付きが多く、読みふけってしまいました。

『まわりは自分のことをわかってくれないと思う?』
『自分は平均よりもイケていると思う?』
・・・これらにYESと即答した方に、特にお薦めしたい一冊です。

酒の肴にしたら盛り上がりそうな内容かも。
80項目が一問一答のような形式のため、
移動中の読書や疲れた頭でもよみやすい本だと思います。

<目次>
1)今日のオススメの一冊
2)付箋
3)今日の気づき
4)本書の目次

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)今日のオススメの一冊                   〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自分では気づかない、ココロの盲点 完全版 本当の自分を知る練習問題80 (ブルーバックス)
池谷裕二
出版社: 講談社 (2016/1/20)
AmazonURL:http://amzn.asia/iMX98Tv

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋 ~本書からの内容抽出です              〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[Kindle位置 No.53]
ヒトはみな偏屈です。自分に都合よく世界を認識します。そうしなければヒトは考えることができないからです。 
つまり、「歪める」という偏見フィルターは、私たちにとっての心であり、「考える」というプロセスそのものです。
だから、脳に偏見があること自体は罪ではありません。クセは成熟した脳のデフォルトです。
そして偏見は生きることを楽にしてくれます。

[Kindle位置 No.552]
脳は入ってきた情報を「記憶すべきかどうか」と品定めします。
このときの判定基準は「出力」の頻度です。 
脳は「この情報はこんなに使う機会があるのか。ならば覚えておこう」と判断します。
決して「こんなに頻繁に出会うのか。ならば覚えておこう」ではないことに注意してください。

※資格試験などの勉強にも活用できる知識ですね!(夏原補足)

[Kindle位置 No.662]
<ケース22>ココロのゲリラ豪雨 突然に雨が降り出しました。 
職場の傘立てを見たら、なんと、いつもの私のビニール傘がありません。 
このとき、どちらの推測をする人が多いでしょうか。
①誰かが持って行ったかな
②どこかに置き忘れたかな

(中略)

──人が仕事ができないのは才能がないから
自分が仕事ができないのは上司がアホだから
──人がテストに失敗したのは努力不足だから
自分がテストに失敗したのは問題が難しかったから
──人が言われていないことをやるのはでしゃばりだから
自分が言われていないことをやるのは積極的だから 

脳は自尊心を保つために、知らぬ間に心地よい理由を創作します。
「自己奉仕バイアス(Self-serving Bias)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき                       〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脳は、自分に優しく都合よくできている。
わたしも、あなたも、誰も彼も。

記憶は「歪める」のではなく、正しく「歪む」ものなのだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 4)本書の目次                        〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
はじめに
1 大は小を兼ねる
2 思慮深い行動
3 麗しきあの方
4 候補生は将校の夢を見るか
5 やめられないとまらない
6 我が家の楽園
7 笑いのツボ
8 高慢と偏見
9 聖域なき行動観察
10 美味礼讃
11 数字たちの沈黙
12 対称の耐えられない軽さ
13 失われた時を求めて
14 忘れられる権利
15 気合!
16 名は体を表す
17 記憶力を強くする
18 鳥は鳥である
19 悪の華
20 愛をとるか、金をとるか
21 不思議な国のコイン
22 ココロのゲリラ豪雨
23 最近ノってるかい
24 真面目な人
25 こだわりの店
26 罪と罰
27 勝利への脱出
28 食にこだわる
29 我が生涯の最悪の年
30 赤と黒
31 大いなる遺産
32 副作用
33 損得勘定
34 買い物中の懲りない面々
35 スピード暗算
36 もの言えぬ証人
37 箱三つの楽しみ
38 地上より永遠に
39 生きるべきか死ぬべきか
40 私という名の狂騒曲
41 まわりは判ってくれない
42 出勤時間異状なし
43 迷作公開
44 自分中心で、愛を叫ぶ
45 戦争と平和
46 きっと……
47 体重が気になる
48 愛と追憶の日々
49 地上最大のショウ
50 自分で自分をほめたい
51 勝ちに至る病
52 長いお別れ
53 浮雲
54 安心安全ブランド
55 ライブ当日
56 ある晴れた日に
57 矛盾に満ちた社会に生きる
58 ホント正しいあるよ
59 注文の多い喫茶店
60 許されざる者
61 お気に入りの価値
62 白の闇
63 気になる体型
64 君の名は希望
65 あぁそは彼の人か
66 外見だけでつかまえて
67 悲しみよこんにちは
68 心の友よ
69 歳と共に去りぬ
70 ペットのしつけ
71 自分探しの旅
72 キャンバスに描く
73 魔性の女
74 困難な自由
75 道徳の系譜
76 サグラダ・ファミリア
77 有害物質
78 感情の進化論
79 つむじ曲がり
80 お気に召すまま
おわりに
推薦図書
錯視用語集50
認知バイアス用語集225

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自分では気づかない、ココロの盲点 完全版 本当の自分を知る練習問題80 (ブルーバックス)
池谷裕二
出版社: 講談社 (2016/1/20)
AmazonURL:http://amzn.asia/iMX98Tv

関連記事

  1. 発想をカタチにする技術

  2. 【NHK式+心理学】 一分で一生の信頼を勝ち取る法―NHK式7つ…

  3. あなたの話はなぜ「通じない」のか (Vol.124)

  4. 勝ちグセ。ラグビーに学んだ「最強チーム」をつくる50の絶対法則

  5. スターバックスのライバル は、リッツ・カールトンである。 本当の…

  6. 何者

    何者

おすすめ記事

  1. やさしい行動経済学
  2. 仕事ができる人の最高の時間術
  3. 捨てられる銀行2 非産運用
  4. 「残業ゼロ」の仕事力
  5. 会社に頼らないで一生働き続ける技術

献本について

記事

  1. ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
  2. 教養としてのテクノロジー AI、仮想通貨、ブロックチェーン
  3. RPA革命の衝撃
  4. 新版 ひとり社長の経理の基本
  5. 自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方
  6. 「言葉にできる」は武器になる。
  7. いい会社ってどんな会社ですか?
  8. 21世紀を生き抜く3+1の力
  9. Hit Refresh~マイクロソフト再興とテクノロジーの未来~
  10. 田舎のパン屋が見つけた『腐る経済』
ページ上部へ戻る