閉じる
  1. 雑誌掲載
  2. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  3. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  4. 「残業ゼロ」の仕事力
  5. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  6. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  7. 捨てられる銀行2 非産運用
閉じる
閉じる
  1. 多動力
  2. 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
  3. DREAM WORK PLACE
  4. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  5. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  6. コクヨの3ステップ会議術
  7. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  8. 捨てられる銀行2 非産運用
  9. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  10. 東芝解体 電機メーカーが消える日
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)

本シェルジュの村上です。
泣きたいときありますよね。そんな時、手にとって何度も読んでしまう小説たち。
以下の本は何度も繰り返し読んでいます。

泣ける本はたくさんあるので、悩んだ末、7つに絞ってみました。

永遠の0 : 百田尚樹

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、1つの謎が浮かんでくるーー。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。

ーーーーーー
単なる戦争の悲哀物語ではない。生きたかった。生きていてほしかった。


凍りのくじら : 辻村深月

藤子・F・不二雄を「先生」と呼び、その作品を愛する父が失踪して5年。高校生の理帆子は、夏の図書館で「写真を撮らせてほしい」と言う一人の青年に出会う。戸惑いつつも、他とは違う内面を見せていく理帆子。そして同じ頃に始まった不思議な警告。皆が愛する素敵な“道具”が私たちを照らすとき―。

ーーーーーー
SFなのか、なんなのかもやっとした流れが、最後は大粒の涙の流れに変わった。。。


西の魔女が死んだ : 梨木香歩

中学に進んでまもなく、どうしても学校へ足が向かなくなった少女まいは、季節が初夏へと移り変るひと月あまりを、西の魔女のもとで過した。西の魔女ことママのママ、つまり大好きなおばあちゃんから、まいは魔女の手ほどきを受けるのだが、魔女修行の肝心かなめは、何でも自分で決める、ということだった。喜びも希望も、もちろん幸せも…。

ーーーーーーー
悲しいんだけど、美しいんですよね。美しい涙が流れます。


アルジャーノンに花束を : ダニエル・キイス

32歳になっても幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリイ・ゴードン。そんな彼に、夢のような話が舞いこんだ。大学の偉い先生が頭をよくしてくれるというのだ。この申し出にとびついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に、連日検査を受けることに。やがて手術により、チャーリイは天才に変貌したが…超知能を手に入れた青年の愛と憎しみ、喜びと孤独を通して人間の心の真実に迫り、全世界が涙した現代の聖書(バイブル)。

ーーーーーーー
わかっていたエンディング、失っていく知能と思い出。知能を得た方がよかったのか、そのままのほうがよかったのか・・・ 本当に涙が止まらなくなります。


ノルウェイの森 下 : 村上 春樹

暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。僕は一九六九年、もうすぐ二十歳になろうとする秋のできごとを思い出し、激しく混乱し、動揺していた。限りない喪失と再生を描き新境地を拓いた長編小説。

ーーーーーーー
そういえば、なぜ泣けるのかよくわからない。直子が死んだから?自分を愛してくれていないと気付いたから?
無力感と、混乱。自分の立ち位置を失うことが悲しいのかもしれない。 何回読んでも涙なしには終われない。


太陽の子 : 灰谷健次郎

ふうちゃんは、神戸生まれの女の子。おとうさんとおかあさんは沖縄出身で、神戸の下町で琉球料理の店「てだのふあ・おきなわ亭」を営んでいる。やさしい常連さんたちに囲まれて明るく育ったふうちゃんだが、六年生になった頃、おとうさんが心の病気で苦しむようになる。おとうさんの病気の原因は何なのか?ふうちゃんは、「沖縄と戦争」にその鍵があることに気づきはじめる…。戦争は本当に終わっているのだろうか。なぜおとうさんの心の中でだけ戦争は続くのか?今、日本人が本当に知らなくてはならないことがここにある。
ーーーーー
小学生のころに読んで、限りなく落ち込んで限りなく泣いた思い出の小説。


その日のまえに : 重松清

僕たちは「その日」に向かって生きてきた―。昨日までの、そして、明日からも続くはずの毎日を不意に断ち切る家族の死。消えゆく命を前にして、いったい何ができるのだろうか…。死にゆく妻を静かに見送る父と子らを中心に、それぞれのなかにある生と死、そして日常のなかにある幸せの意味を見つめる連作短編集。

ーーーーー
その日をどう迎えるのか・・・そして、 その日のあとで・・・  せつない

関連記事

  1. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

  2. ザ・ゴール コミック版

  3. 清州会議 〜会議力の物語

  4. Vol77:「雨の名前」と「死神の精度」

  5. Vol14.手紙

  6. 天地明察

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. 多動力
  2. 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
  3. DREAM WORK PLACE
  4. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  5. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  6. コクヨの3ステップ会議術
  7. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  8. 捨てられる銀行2 非産運用
  9. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  10. 東芝解体 電機メーカーが消える日
ページ上部へ戻る