menu
閉じる
  1. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  4. 雑誌掲載
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  6. 捨てられる銀行2 非産運用
  7. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
閉じる
閉じる
  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。本シェルジュの藤井無限です。

ゴールデンウィークですね、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
私は、システムエンジニア業はお休みですが、
家でこうして原稿を書いたりしています。

最近はだいたい、毎月一回のペースで本シェルジュに
投稿させていただいています。
今月一か月で一番衝撃を受けたのは、
壇蜜の「蜜の味」でした。(笑)
ビジネス書専門の本シェルジュで、
壇蜜さんを取り上げるのもなんですので、
人間の2つの欲望のうち、
カネの方を真正面から取り扱った一冊をご紹介します。

「金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?」
です。

この本の構成は、
ホリエモンが獄中で考えていたビジネスモデルを取り上げ、
その後読者からのQ&A、そして夏野剛、西村博之、藤沢数希、
船曳建夫氏からのホリエモンに対するコメントが後に続きます。
ビジネスモデルの面白さもさることながら、
ホリエモンのQ&Aの答えが的確過ぎ、
ある意味ぶっきらぼうで笑えてしまいます。

個人的にはホリエモンが、プログラミング言語にものすごく詳しく、
OSIの参照モデルまで完全に理解しているのにはびっくりしました。
実業家や投資家のイメージが強いホリエモンですが、
有能なプログラマでもあるんだと痛感しました。

<目次>
1)今日のオススメの一冊
2)付箋
3)今日の気づき
4)本書の目次

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)今日のオススメの一冊                   〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?
堀江 貴文 (著)
(徳間書店) 255ページ (2013/4/30)
http://amzn.to/ZtmI4y

今回の登場人物紹介

・むー:IT系ビジネスマン
・ホリエモン:実業家、ライブドア元取締役
-----------------------------

むー:ゴールデンウィークか、来週からの仕事のことを考えていたら、
   なんだか眠たくなってきたな。  Zzzz

むー:ホリエモンさん、どうしたらよいITサービスができるか教えてください。
ホリエモン:まず、 自分がこんなのがあればいいのに、と思うことを 
      解決するようなサービスを作ってください。それだけです。
むー:良いITサービスを作るうえで、知っておいた方が良い知識はありますか。
ホリエモン:プログラミング言語の読み書きはできないといけません。
      自分で作ることで仕組みを学んでいくことが重要なんです。
      外注にしてしまうのではなく、内製で自分で作ること。
      まあ、この本読んでください。全部書いておいたのから。

むー:なんだ、寝てたのか。。来週からの仕事も頑張ろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋 ~本書からの内容抽出です              〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネスを始めるために建前としてキレイ事を語る人は多い。
しかし、ビジネスを始めるきっかけとして、
欲望があるのは当然だ。その欲望がなんなのか、本当に好きなことなのか?
本書を読むことでしっかりと見定めてほしい。 (はじめにより)

英語じゃなくてもいいんです。インドネシア語とかタイ語とか
むしろマイナーな言語がいい。(中略)マイナー言語のできる人は、
誰も手をつけてない新しい分野を切り拓ける可能性があります。
(ひろゆき氏の見解 P54)

Q:
堀江さんは、「ITの能力とはプログラムを書ける能力」と答えていました。
私もそういう技術を身につけたいのですが、具体的に何を、どんな方法で
勉強すればいいですか?
A:
自分が作ってみたいと思うサービスを作っていけばいいだけ。
(メルマガ読者の質問に対する、堀江氏の見解 P78)

Q:
一般に公開できるスマホ向けのウェブサービスをつくってみたいと考えているのですが
なかなかどんなものをつくればいいか思いつきません。
A:
自分が今、「なんでこんなサービスがないんだろう?」と
不満に思うことを解決するサービスをつくればいいんだよ。
(メルマガ読者の質問に対する、堀江氏の見解 P90)

Q:
普通のサラリーマン以上に稼ぐにはどうすればよいでしょう?
A:
自分の殻を破れ、変なことをやれ。
(メルマガ読者の質問に対する、堀江氏の見解 P124)

出所したら私は正真正銘、自由の身になるわけだが、
刑期中のいまでも、心の中は自由でいる。
(中略)
検察に陥れられようが、寒い刑務所の中に閉じ込められようが、
心はいつだって自分のモノ。コントロール次第で、
いくらでもフリーにできるはずだ。
(中略)
脳の中は自由だ。
思考にまで、手錠をかけられているわけではない。
(中略)
ルールや不安に縛られずに、好きなビジネスに挑んだらいいのだ!
(P244 終わりに)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき                       〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

儲けようとすることは悪いことでもないし、
またちょっと考えれば儲ける方法はこの本にあるように山ほどある。
大切なのはこの本に書いてあるように自分のマインドをどうコントロールし、
素早く実現していくかなのだと思う。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 4)本書の目次                        〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第1章 1980年以降に生まれた君へ
第2章 ネット社会の向かう未来
第3章 本気で金持ちになりたいか?
第4章 本当に幸せなライフスタイルとは?
第5章 ホリエモン出所後の日本を考える。

金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?
堀江 貴文 (著)
(徳間書店) 255ページ (2013/4/30)
http://amzn.to/ZtmI4y

この本に興味を持たれた方は、サイバーエージェント代表取締役の藤田晋の新刊も読まれると、
なぜ、同世代の起業家、堀江氏と藤田晋がこんなに仲が良いのか分かり、面白いです。
「全ての創造はたった一人の熱狂から始まる」

起業家
藤田晋(著)
(幻冬舎)
http://bit.ly/ZacK4v
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行者】本シェルジュ
【ご意見・ご感想】 100books@googlegroups.com
▼本シェルジュ・ブログ
http://www.bookconcierge.info/
▼メールマガジンの購読はこちらから
http://www.melma.com/backnumber_187330/
▼購読停止・登録メールアドレスの変更はこちらから
http://www.melma.com/backnumber_187330/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

  1. Vol.0095 超速!販促の王道

  2. 経済古典は役に立つ(Vol45)

  3. 本シェルジュVol114:企業再生プロフェッショナル

  4. 町工場の娘~主婦から社長になった2代目の10年戦争~

  5. 使える経営学

  6. これからのマネジャーの教科書

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
ページ上部へ戻る