menu
閉じる
  1. 「残業ゼロ」の仕事力
  2. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  3. 捨てられる銀行2 非産運用
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  6. 雑誌掲載
  7. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
閉じる
閉じる
  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

略奪大国~あなたの貯金が盗まれている!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この本は、明らかに扇動書ですね。
Amazonの書評は星5つが35、星1つが17です。

あまり、気分のいい本ではないですが、
こういった極論を読んでおくと、
視野が広がるのではと思い紹介しました。

でも、洗脳はされないでくださいね(^^;

<目次>
  1)今日のオススメの一冊
 2)付箋
 3)気づき
 4)本書の目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)今日のオススメの一冊                 〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『略奪大国~あなたの貯金が盗まれている!』
ジェームス・スキナー (著)
フォレスト出版 (2011/12/21) 261ページ

-----

S子:日本の消費税は何%かわかってる?

M男:5%が、今度、10%になるんだっけ?

S子:再来年には、8%で、さらにその後10%になるのね!

M男:でも北欧とかに比べたら、まだまだ安い税率なんでしょ?

S子:この本によると、実質は59%の税金が取られているらしいわよ。

M男:え、そんなに日本はそんなに搾取してるの?

S子:そうよ、国に搾取されるくらいなら、私に搾取された方がいいと思わない?

M男:・・・  ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋 ~本書からの内容抽出です            〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ・株式大暴落は世界経済大恐慌の原因ではなかった

 ・政府はお金を持っていない

 ・日本の社会保障は、40%削減しないければならない

 ・最初の1円から国債の存在はおかしい。

 ・国債はネズミ講だ

 ・日本では実質上59%の消費税を払わされている。

 ・日本の政府は、すでにIMFとデフォルトの時期について相談している。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき                    〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「神の手は有効でありつづけ、神の手を妨害する国家が問題。」というのが
  この本の結論だろう。そして、ある種、正論だと思う。

  赤字国債は零にすべきだし、社会保障は削減せざるを得ない。
  わかっているのに、両方増え続けている日本。
  破綻を回避するために多少の消費税増税では足りないだろう。
  ソフトランディングは無理なら、
  どこかのタイミングでハードでいくしかないものか。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 4)本書の目次                     〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 序論
  日本を愛していればこそ
  うまい話の元祖
 第1章 お金の量が問題だ
  経済の基本を学ぼう
  アメリカンドリーム
  政府はお金を持っていない
  大恐慌は資本主義の失敗ではなかった
 第2章 国を無借金にせよ!
  最初の1円から国債がおかしい
  薬は病気よりも有害だ
  世界一のヘロイン中毒国家日本
  詐欺の拡大
  政府はネズミ講を運営している
  バブル経済 日銀と大蔵省の茶番劇
  貯金が消えた
 第3章 銀行は本業に徹せよ
  金融カジノ
  本業徹せよ
 第4章 これからはどうなる?
  資本主義は行き詰っていない
  破綻まで四年 地獄のシナリオ
  アメリカポン 日本がアメリカ合衆国51番目の州になる日
 第5章 問題が山積している
  3・11よりも大きな問題があった
  反経済政府はいい加減にしろ
 第6章 本当の平等を実現せよ
  農民がただの盗賊?
  日本に民主主義はない
  政治家が見事に役割を果たしている
 第7章 日本に栄える道あり!
  日本の明るい将来
  前例主義をやめろ
  社会保障にメスを入れる
  5分間でできる官僚革命
  地方自治体をなくせ!
  金融マンが絶対口にできない金融改革
  資本主義の3原則

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『略奪大国~あなたの貯金が盗まれている!』
ジェームス・スキナー (著)
フォレスト出版 (2011/12/21) 261ページ
http://goo.gl/WLXRM

はっきり言って、解決策が日本はアメリカの州になればいい!とかいうのは
笑うしかありませんが、
経済古典派の主張のロジックは認識できるので、
多少の嫌悪感は抱きつつも、興味深い本ではあると思います。

関連記事

  1. 地方は消滅しない!

  2. きみの脳はなぜ「愚かな選択」をしてしまうのか 意思決定の進化論

  3. 行動経済学 経済は「感情」で動いている

  4. 地方消滅―東京一極集中が招く人口急減

  5. なぜ、日本人はモノを買わないのか?: 1万人の時系列データでわか…

  6. 経済は感情で動く-はじめての行動経済学

    【本シェルジュ】経済は感情で動く-はじめての行動経済学

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
ページ上部へ戻る