menu
閉じる
  1. 雑誌掲載
  2. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  3. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  4. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  6. 「残業ゼロ」の仕事力
  7. 捨てられる銀行2 非産運用
閉じる
閉じる
  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

白いネコは何をくれた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、本シェルジュの石田です。
どうぞよろしくお願いいたします。

さて今月は「アツイ」がテーマということで、
「熱い」物語形式のマーケティング本を紹介したいと思います。

大人になると、なりふり構わず集中することは恥ずかしいと思いがちですが、
「今できることを精一杯やる」ことは大事なことなのではと思います。

この本は、

・使えるマーケティング戦略をストーリー形式で身につけたい方
・個人のキャリアや「生き方」の戦略を身につけたい方
・学生時代に何かに熱中したときの熱い気持ちを取り戻したい方

にオススメします。

<目次>
1)今日のオススメの一冊
2)付箋
3)今日の気づき
4)本書の目次

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)今日のオススメの一冊                   〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

白いネコは何をくれた?
佐藤 義典
フォレスト出版 (2008/10/21) 286ページ
amazonURL http://amazon.jp/dp/4894513226

今回の登場人物紹介
◆父H:平凡な30代サラリーマン。
◆娘M:ゲーム好きな小4。
-------------------------------

娘M:「ねぇパパ、中学のとき何部だったの?」

父H:「卓球部だよ。」

娘M:「数ある部活の中でどうして卓球にしたの?」

父H:「運動神経がなくても、努力すればレギュラーになれるかもと
思ったからだよ。」

娘M:「パパは、勝てる『戦場』を選んだんだね!」

父H:「うん。ところで、Mちゃんの勝てる『戦場』はどこなの?」

娘M:「星のカービィのゲームなら負けないよ(o^ъ’)b」

父H:「・・・(^_^;)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋 ~本書からの内容抽出です              〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■P.15より
戦略というと難しそうですが、ざっくり言うと、目的を達成するにあたっての、
大きな考え方・道筋です。

■P.72より
「中身はすぐには変わらん。しかし、行動はすぐに変えられる。
そしてそれ以外に中身を変える方法もない。」

■P.78より
「そうだ!力で競うスポーツじゃ勝てないから、技で勝てそうな卓球に
したんだ。勝てる『戦場』を選んだんだ。意外に僕、戦略的じゃん」

■P.100より
「今日を変えないと、明日は変わらないよ」

■P.184より
「今できることを精一杯やれ!」

■P.247より
強み・差別化、とは、その通りの意味ですが、顧客の目に見え、直接的に
価値があるものです。(中略)「強み・差別化」という優位性を長期的に
維持可能にするものが「独自資源」です。

■P.271より
戦略・戦術に、正解や間違いは基本的にはないと思います。やってみなければ
わかりませんから。しかし、「一貫性を欠いた戦略・戦術」は「間違い」です。
例えば、「低価格で薄利多売を狙っているのに、人件費が高い人を多く雇う」
ことは一貫性を欠きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき                       〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本書の戦略フレームワークはわかりやすく、腹に落ちると思います。
一方、マーケティング本であるにも関わらず、個人のキャリア戦略や
「生き方」までも考えさせられます。とりわけ、「今日を変えたら、
明日が変わる」「今できることを精一杯やれ!」といった言葉は、
手帳に書き留めるくらい心に響きました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 4)本書の目次                        〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前書き

戦略BASiCS 序論

プロローグ:昨日と同じ明日

第1章 Battlefield 失意

第2章 Asset 決意

第3章 Strength 反転

第4章 Customer 仲間

第5章 Selling message 決戦

第6章 戦略BASiCS 使命

理論編

あと書き&ストーリー解説

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
白いネコは何をくれた?
佐藤 義典
フォレスト出版 (2008/10/21) 286ページ
amazonURL http://amazon.jp/dp/4894513226

関連記事

  1. 「話し方」の心理学 〜必ず相手を聞く気にさせるテクニック

  2. 図解思考の会議

    たった15分で話がまとまる図解思考の会議

  3. マーケティング・センスの磨き方

  4. Vol21:ハイコンセプト(村上)

  5. 世界中のエリートがやっている最高の休息法

  6. 脳に悪い7つの習慣(vol41)

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
ページ上部へ戻る