menu
閉じる
  1. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  2. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  3. 「残業ゼロ」の仕事力
  4. 雑誌掲載
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  6. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  7. 捨てられる銀行2 非産運用
閉じる
閉じる
  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

本気になればすべてが変わる 生きる技術をみがく70のヒント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!本シェルジュの関です。
13回目の投稿です。
今月の本シェルジュは、「アツイ」をテーマにお送りしています。

アツイ!といって私が真っ先に思い浮かべるのは元プロテニスプレーヤーの松岡修造さんです。

 

松岡さんは、現在、テレビのレポーターなどで活躍されていますが、私は松岡さんの話がとても好きです。松岡さんの話はいつも前向きで、聞いているだけで自分に自然と元気を与えてくれるからです。

 

今回ご紹介する本は、松岡さんが、自己の体験談をもとに、本気になって人生を楽しむために必要なヒントを70項目にまとめた本です。

人生や仕事に悩んだり、何をやってもつまらないと感じたときに、是非読んでみてください。この本から元気をもらえるはずです。
<目次>
1)今日のオススメの一冊
2)付箋
3)今日の気づき
4)本書の目次

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)今日のオススメの一冊                   〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本気になればすべてが変わる

生きる技術をみがく70のヒント

松岡修造(著)

株式会社文藝春秋(2011/8/10)217頁

http://goo.gl/SFS8uN

今回の登場人物紹介
■S:本シェルジュの1人

■M:大学時代の友人

-----------------------------
S:よう久しぶり、元気?

M:いや、最近忙しくて、疲れ気味だよ。そんなときにミスも重なりかなり落ち込んでるよ。

S:そうか。でも、自分はダメだと言うのはやめたほうがいいよ。ダメだという情報が脳に伝わると、からだも気持ちも、どんどんダメになっていくよ。

M:そうなの?

S:それより、自分の長所を見つけて、自分でほめるといいんだよ。そうすると、脳がリセットされるらしいよ。松岡修造って知っているでしょ。この人は、苦手なボレーを克服するために、ボレーを決めたときに「ナイスボレー、修造!」と叫んでいたそうだよ(笑)。

M:へえ。面白いね。

S:この本には、ほかにも元気がでるヒントがたくさん書いてあるから、読んでみるといいよ。

M:ありがとう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋 ~本書からの内容抽出(引用)です          〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
注)ページ数は、2012/2/20、第2刷のものです。

■「人がほめてくれないのなら、自分で自分を思いっきりほめればいいのです。苦手な仕事にとりかかるとき、ため息をつく代わりに、「よしっ」「さあ、やるぞ!」といった言葉を自分にかけるだけでも、脳のリセットにきっと効果があるはずです。」(63頁)

 

■「本を読むときに心がけているのは、「自分が主体」という感覚を大事にすることです。たとえば、相田みつを先生の「いま ここ じぶん」という言葉を、「いま ここ 修造」と書き換えて、部屋の壁に貼る。」(82頁)

 

■「僕が知る限り、プロ意識の高い選手ほど、感謝の気持ちをはっきりと表現しています。そういう人と接するのは気持ちがよいので、多くの人がまわりに集まってくる。自然と人との出会いが多くなり、そこからさらに支えや助けが広がっていく-という好循環が生まれます。これは、ビジネスの世界でもまったく同じではないでしょうか。」(173頁)

 

■「そんなとき僕は、「最終的に自分のやりたいことは何か」を俯瞰して見るように心がけています。すると、「ああ、イヤだイヤだ」と思うことも、目標を達成する過程の一つの儀式だと思えてきて、ずいぶんとラクになる。仮に、「目標を達成するために、頭を下げてこい」と言われても、いまの僕なら「これで目標に近づけるんだ」と考えて、頭を下げるでしょう。そのほうが自分の気持ちがラクになるからです。大切なのは、どうすれば自分の気持ちが良い方向に向かっていくかです。」(194頁)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき                       〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人生が楽しいか、つまらないかは、ちょっとした考え方の違いによる。

前向きに捉えて、人生楽しく生きたいですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 4)本書の目次                        〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
文庫版まえがき

第一章 “自分とは何か”からはじまる

第二章 自分らしく輝くためのトレーニング

第三章 落ち込み・イライラ・無気力からのリセット術

第四章 “不機嫌な自分”から脱却するためのセルフコントロール

あとがき

 

 

本気になればすべてが変わる

生きる技術をみがく70のヒント

松岡修造(著)

株式会社文藝春秋(2011/8/10)217頁

関連記事

  1. メンタル・ブロックバスター

  2. 気づきコミュニケーション 人も企業も!成長の原点はいつも「気づ…

  3. 部下を定時に帰す「仕事術」 「最短距離」で「成果」を出すリーダー…

  4. Vol116.上から目線の構造

  5. 雑談力が上がる話し方‐30秒でうちとける会話のルール

  6. ロジカルシンキング・リーディング

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
ページ上部へ戻る