menu
閉じる
  1. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. 雑誌掲載
  7. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
閉じる
閉じる
  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

Vol.62 経営のやってはいけない!―残念な会社にしないための95項目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。本シェルジュ渡辺まどかです。
本日は、「中小企業の経営者にとってのNG集」と位置づけられる一冊をご紹介します。
会社経営について、「ああした方がいい」「こうした方がいい」と語るノウハウ本が多い中、常識を覆すような「やってはいけない」を列挙しているのがこの本。
どの項目も、読んでみると一理あるなと思える内容です。
もちろん唯一絶対の解ではありませんが、経営者、ないしはコンサルタントであれば知っておくべきことが網羅されています。
是非、お手にとってみてください。
<目次>
1)今日のオススメの一冊
2)付箋
3)今日の気づき
4)本書の目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)今日のオススメの一冊                   〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「経営のやってはいけない!―残念な会社にしないための95項目」
岩松正記著
クロスメディア・パブリッシング(2010/11/11)
amazonURL http://amzn.to/gK7jAf
今回の登場人物紹介
■ティアラ 独立コンサルタントなので、経営者視点を強く意識している
■姫 大企業の会社員なので、経営者視点はあまり意識していない
-----
ティアラ: この本の中で紹介されている95項目は、刺激的な内容が多いよね。でも中身を読んでみると、至極もっともなことが書いてある。
姫: 私は会社員だから、この本からの気づきが多かった。私は中間管理職だけど、それでも使う側と使われる側のギャップは大きいんだなって思った。これは、使われる側としての気づき(笑)
ティアラ: そりゃ、そうだよね(笑)あたしだって、いくら経営の勉強をして資格を取ったからといっても、会社員だった時は、結局真の意味での経営者視点はもてなかったと思うもの。
姫: 今は、どうなの?
ティアラ: 以前に比べたら経営者視点には近づけるようにはなった。でも結局のところ、法人化しているわけでもないし、ましてや社員を雇用しているわけでもないから、まだまだ一致はしていないと思う。その分、日々接している経営者の方から学ばせてもらっているよ。
姫: 使われる側であっても、使う側の立場は知っておくべきだと思った。会社の方針が理不尽だと感じた時は、この本を読み返してみることにするよ(笑) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋                            〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■助成金・奨励金に頼るな
助成金はご褒美。もうらうこと自体は否定はしませんが、できれば頼らない方がいい。そしてこれは結果としてもらえるもので、それ自体を目的にすべきではありません。
■自分の会社を潰す方法を考えろ
こうやって自分の会社を潰す方法を一つ一つ「潰していく」ことで、万が一のことがあった場合でも会社は持ちこたえられるはずです。
■従業員の意見は聞くな
現状は過去の結果であり、これはすでに出た結論。これからがどうなるかはまだわかりません。今の活動の結果が、将来明らかになるわけです。だとすれば、今やるべきことは将来の布石でなければならないわけです。その仕事ができるのは社長しかいません。
■使いやすい社員が良い社員
そもそも会社の運転資金も出さないで、会社の存在そのものである社長に意見する方がオカシイ。
■支払う方は総支給額、受け取る方は手取り額
会社は年金をもらえないのに年金を負担しているようなものです。さらには、従業員がわざわざ確定申告などをしなくてもいいように、国に代わって税金の計算までしています。
■決算期は会社の命運
決算月の2カ月後には税金を納める必要があるため、本来は決算月の2か月後の資金繰りを考慮してこれを決めるべきなのです。
■理想の決算書は社長の頭の中で作る
実行できなかった場合には、なぜ実行できなかったのか検証することの方がもっと重要で、その分析こそが計画を作る本質とも言えます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき                       〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経営上のリスクを最小限に抑えるために、「やるべきこと」ではなく「やってはいけないこと」を把握すべし
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 4)本書の目次                        〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
はじめに
序章 成功した人の話を聞いてもムダ
第1章 マネジメント編
第2章 人事・労務編
第3章 給与体系編
第4章 会社組織編
第5章 会計・経理・税金編
第6章 ビジネスモデル編
おわりに
「経営のやってはいけない!―残念な会社にしないための95項目」
岩松正記著
クロスメディア・パブリッシング(2010/11/11)
amazonURL http://amzn.to/gK7jAf

関連記事

  1. Vol22.リッツ・カールトンで育まれたホスピタリティノート

  2. 「日本の経営」を創る

  3. 「できません」と云うな―オムロン創業者 立石一真

  4. MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

  5. ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件

  6. ビジネスモデルを見える化するピクト図解

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
ページ上部へ戻る