menu
閉じる
  1. 「残業ゼロ」の仕事力
  2. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  3. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  4. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  5. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  6. 雑誌掲載
  7. 捨てられる銀行2 非産運用
閉じる
閉じる
  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

Vol.61 任せる技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!  本シェルジュの田中聡子です。
この本を読んで、社会人になりたてのころを思い出しました。
同期とのランチの話題は、お互いの部署の雰囲気について。
「あの先輩は任せてくれるからがんばろう、って思えるんだ」
と言いながらキラキラしているコがいる一方で、
「あいつ、いっつも丸投げなんだよなぁ・・・」
と、1年目にしてぐったりしているコ。
もし、どちらの上司も部下に対して同じような仕事を
「育てよう」「良かれと思って任せよう」
と考えているのだとしたら。。。
「良かれと思って」が相手にきちんと伝わるヒント、
この本から見つけてみませんか?
<目次>
  1)今日のオススメの一冊
 2)付箋
 3)気づき
 4)本書の目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)今日のオススメの一冊                   〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
任せる技術―わかっているようでわかっていないチームリーダーのきほん
小倉 広 (著)
日本経済新聞出版社 (2011/1/25)
http://amzn.to/f1Ghbf 
===============
今回の登場人物紹介:
ちあき:元同僚。4月から始めてのチームリーダーに任命されてやる気十分。
田中: 本シェルジュ。
==============
ちあき:   ねえ聞いて! 今度新しいチームのリーダーすることになったんだ。
田中:   やったね、おめでとう!
ちあき:  早速メンバー集めて、打合せをしよう。その前にすることはえーっと。。。
      何だか今からものすごく忙しい気分(笑   
      メンバーは新人も多いから、私ががんばらないとね!
田中:   ねえ、昔、よくランチの時にお互いの部署の先輩の話をしたじゃない。
      あの時「○○ちゃんの先輩、いいなぁ」って言ってたの覚えてる?
ちあき : 覚えてる覚えてる! いろんな先輩いたよね。
      ・・・・あっ私、仕事を任せてくれない先輩は嫌だった。
      信用されてない気がしてた。
      うーん、私、なりかねないなぁ(苦笑)。  
      でもね、仕事分かんない後輩にいきなり任せるのも不安よね。
      どうしたらいいと思う?
田中:   これ読んでみる?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋   ~気になった箇所の引用です~        〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■失敗する権利
上司は部下の失敗する「権利」を奪ってはならない。部下が転んでひざを
すりむいてしまわないようにと、先回りして部下を守りすぎては
ならない。それは、部下の「権利」を奪うことになるからだ。
■相手をプロとしてリスペクトせよ
どうやら落合監督の方針はこういうことらしい。
選手にプロとして敬意は払う。しかし、監督としての仕事を
遂行するには一切躊躇をしない。そして、選手には高いレベルを
要望し続ける。「高いレベルの要望をすること=厳しさ」と
「選手に敬意を払うこと=やさしさ」が見事に両立しているのだ。
■フィードバックの5段階ふりかえり
第1段階<事実のフィードバック>シャツが出ているよ。
第2段階<主観のフィードバック>シャツが出ていて変だよ。
第3段階<評価のフィードバック>シャツが出ているよ。だらしない。
第4段階<提案のフィードバック>シャツをしまったら?
第5段階<命令のフィードバック>シャツをしまえ!
部下の主体性を大切にするならばフィードバックは浅目がいい。
僕のお勧めは第1段階と第2段階にとどめること。
その他はガマンする。
■口は一つ、耳はふたつ。
「話す」ことの2倍「聞き」なさい。神様はそう僕たちに教えてくれているのだ。
■スーパーマンをつくろうとするな
そもそも組織とは、「平凡な人材で非凡な成果を上げる」ためのものである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき                       〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
任せるって、自分が育つことでもある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 4)本書の目次                        〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第0章  人は「仕事を任されて」育つ
第1章  ムリを承知で任せる
第2章  任せる仕事を見極める
第3章  任せる。と伝える
第4章  ギリギリまで力を発揮させる
第5章  口出しをガマンする
第6章  定期的にコミュニケーションする
第5章  仕組みを作って支援する
任せる技術―わかっているようでわかっていないチームリーダーのきほん
小倉 広 (著)
日本経済新聞出版社 (2011/1/25)
http://amzn.to/f1Ghbf 

関連記事

  1. 「見せかけの勤勉」の正体(村上_Vol81)

  2. ザ・ファシリテーター

  3. 清州会議 〜会議力の物語

  4. 町工場の娘~主婦から社長になった2代目の10年戦争~

  5. フューチャーセンターをつくろう(Vol.134)

  6. キリンビール高知支店の奇跡

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
ページ上部へ戻る