menu
閉じる
  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  4. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  6. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  7. 雑誌掲載
閉じる
閉じる
  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった(Vol101)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは! 本シェルジュ田中聡子です。
今月のテーマは「ヒト」。
何にしようかしばらく考えて、本棚から引っ張り出したのがこの本でした。思いが伝わったとき、本当に理解(ハラオチ)できたときに人は動くんだな、と改めて気付かせてくれます。
教える側はわかっただろうと思ったことが、相手に伝わらないことは日常茶飯事ですよね。「なんでわかってくれないんだろう」から「どうしたらわかってもらえるかな」に思考のスイッチを切り替えられる一冊です。是非読んでみてください。

ここに書かれている考え方が全部実行できたら、ディズニーのように、自分で考えられる組織にきっとなる。余談ですが、組織の最小単位って二人なんですよね。仕事以外でも、家族とか友人とか身の回りに小さな組織はたくさんあるはず。なんだかしっくりきてないな、という組織があったらディズニーの魔法をマネしてみませんか。

<目次>
1)今日のオススメの一冊
2)付箋
3)今日の気づき
4)本書の目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)今日のオススメの一冊                   〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった
香取 貴信(著)
(KOU BUSINESS) [単行本]  2002/05

今回の登場人物紹介
◆田中:本シェルジュ
◆モリさん:田中行きつけの美容師さん
-----------------------------
田中  :あれ?モリさん珍しい。
     ミッキーのボールペン使ってるなんてプレゼントですか?
モリさん:よく見てますねー。実は姪っ子から、ディズニーランドの
     お土産だよ、ってもらったんです。
     キラキラしながら話すんですよ。そういうの嬉しくてね。
田中  :そういえば昔、両親を連れて行った時に母もキラキラしてました(笑)。
     年齢関係なく人をキラキラさせられる力ってすごいですよね。
モリさん:しかもスタッフってバイトの人多いのに、みんなプロみたいですもんね。
     僕ですら、行ったらテンションあがるもんなぁ。何でなんでしょうね。
田中  :その「元バイト」の方が書いた本がありますよ。
     しかも著者は自分がヤンキーだったって書いてある。
     トレーナーが本気で教えてることが読みやすい会話文から伝わりますよ。
     うまい!って思ったのは、
     「髪が耳にかからないこと」というルールのくだり。
     ルール違反と知りつつ髪を伸ばしていた著者に
     トレーナーが「髪切る?それとも耳を切る?」って聞くんです。
     ここだけ取り出して話すと怖いですけど(苦笑)、本を読んだら
     「わかれ!」というトレーナーの本気が伝わってきます。
モリさん :なるほどねー。ところで田中さん、今日は耳どうします?
田中   :「髪」でしょ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋                            〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆莫大な知識をかみくだいてやさしく教えることが大事なんだ
「いいか香取、教えることが10個あったとするよな。その10個をまるごと
教えても、せいぜい覚えられるのは1個か2個だったろう。
だったら最初から10個教えるんじゃなくて、そこでいちばん大切な1個を
教えてあげることがトレーナーなんだよ」
◆嫌われ役は必要だけど、嫌われ者になったらダメなんだ
「だってさぁ、そのまま見逃しておいて、人事考課のときにはルールが守れないから
低くつけるんだろ! そんなの卑怯じゃん。
言いづらいことを言えないってことはさぁ、責任者のおまえの問題で、
部下は何も悪くないじゃん!
きちんと相手が理解できるように、わかりやすく説明してあげたり、
相手が直すまで100回でも200回でも言い続けることができんのが
真のリーダーなんじゃないの」
◆一生懸命にやっている姿が価値を生むんだ
「このアトラクションのガイドに必要なのは、うまさなのか?本当に
うまいやつが必要だと思っているのか?(中略) そう。このアトラクションで
必要なことは、どんなにヘタでもいいから、“一生懸命”にやることなんだよ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき                       〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「教える」とは、「相手を変えること」ができること。
教える力も伝える力も、知識×技術×意欲!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 4)本書の目次                        〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1章:「働く」って、こういうことなんだ
    ディズニーランドで働き始めたのは、ほんの軽い気持ちから
    「怒る」のではなく、「叱る」ということ
    ミーティングとは話し合いで何かを決めること。評論家は要らないんだ
    たとえアルバイトでも、仕事は仕事なんだ
    ユニフォームを渡してくれる「魔法使い」
    仕事には、時給で考えなくてはならないものと、そうでないものがある
    必要なのは、実際にできること
第2章:「教える」って、どういうことなんだろう
    最初に受けた感動は絶対忘れないんだよ
    教えないことが逆にトレーニングになることもあるんだ
    白さんとの初めての出会い
    怒鳴ったり叱ったりすることだけが指導じゃないんだ
    いちばん大切なものだけでいいんだよ
    小さいことでも見逃すと、そこからバラバラになっていくんだ
    気がついたら必ずそのときに伝える
第3章:「本当のサービス」って、なんだろう
    “一握りの勇気”も大切なサービスなんだ
    本当にお客様を大切に思うなら
    「うまくなる」よりも大事なこと
    ゲストの「楽しい思い出」を大事にしたい
    サービスは掛け算なんだ
第4章:テーマパークはいろいろなことを教えてくれる
    自分のいってた「サービス」って
    本当の自分と直面させられる
    一人ひとりにそれぞれのストーリーがある
あとがき
社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった
香取 貴信(著)
(KOU BUSINESS) [単行本]  2002/05

関連記事

  1. 組織変革のビジョン

  2. 昭和16年夏の敗戦

  3. スターバックスCEOだった私が伝えたい これからの経営に必要な4…

  4. 君に友だちはいらない

  5. How Google Works

    How Google Works 私たちの働き方とマネジメント

  6. ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  2. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  3. コクヨの3ステップ会議術
  4. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  5. 捨てられる銀行2 非産運用
  6. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  7. 東芝解体 電機メーカーが消える日
  8. 一流の人は、本のどこに線を引いているのか
  9. 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
  10. チームのことだけ、考えた。
ページ上部へ戻る