閉じる
  1. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  2. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  3. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  4. 捨てられる銀行2 非産運用
  5. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  6. 雑誌掲載
  7. 「残業ゼロ」の仕事力
閉じる
閉じる
  1. 日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術
  2. まんがでわかる 地頭力を鍛える
  3. シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件
  4. 脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める
  5. 多動力
  6. 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
  7. DREAM WORK PLACE
  8. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  9. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  10. コクヨの3ステップ会議術
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

WILLPOWER 意志力の科学

こんにちは、本シェルジュの中島です。
3月の本シェルジュは「始める」をテーマにご紹介していきます。

年初や、4月など区切りの時期に何か「始めよう!」と考えてリストアップする方も
多いですよね?そんな時に、このセンテンスを思い出してください。

「何よりもしてはいけないのが、新年の抱負をリストアップすることだ。(中略)
リストにずらりと並んだ目標を実現するだけの意志力を持った人などいないのだ。」
(本文54~55ページ)

私は、年初に立てた目標リストを思い出し、恥ずかしさでいっぱいです(笑)。
それでは、どうやったらリストの中身を実現することができるのでしょう?

「それよりも目標を絞って集中したほうがいい。それだけでも相当な努力が必要と
 される。やがて一つだけでも多すぎると思うときがきっと来るだろう(後略)」
(本文56ページ)

この本は、2013年にベストセラーになった「スタンフォードの自分を変える教室」
(ケリー・マクゴニガル)と重なるところもありますが、「意志力」「自己コントロール」
の研究の歴史・結果、鍛え方などが丁寧にまとめられており、仕事だけでなく、プラ
イベートにも活かすことができると思います。

私も心を入れ替え、目標に一つずつに集中して取り組んでいきたいと思っています。

<目次>
1)今日のオススメの一冊
2)付箋
3)今日の気づき
4)本書の目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)今日のオススメの一冊 〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
WILLPOWER 意志力の科学
ロイ・バウマイスター/ジョン・ティアニー 渡会圭子訳
インターシフト (2013/4/22) 360ページ
AmazonURL:http://goo.gl/0NQOEq

今回の登場人物
◆田中さん:部署の先輩
◆清水さん:部署の後輩
-------------------------------
田中:2014年が始まってもう2ヶ月終わっちゃったな。
清水:あっという間ですよね。正月から2ヶ月かぁ、どんどん時が経つのが早く
   なりますね。
田中:オレさ、実は正月に女房と今年、禁煙とパチンコやめるって約束したんだ。
清水:あれ?昨日、パチンコ屋の煙の中で見かけたような気がするんですが・・・
田中:そうなんだよ。クライアントとの打ち合わせが紛糾して、ガマンしきれな
  かったんだよな。
清水:意志力を使い果たしたんですね。人の意志力は使っていくと、朝から
  どんどん減っていくらしいですよ。そして無くなったときについついですね。
  この本読んでください。うまくいくことを祈ってます!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋 ~本書からの内容抽出(引用)です 〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●8ページ
心理学的に、人生で「うまくいく効果」を予見させる資質を探ると、必ずその
二つに行き着く。それは知能と、自己コントロール能力である。

●49ページ
案の定、被験者は意志力を使えば使うほど、その次に生じた誘惑に屈してしまう
傾向があった。「したいが本当はしてはいけない」という葛藤が生まれるような
欲望に出会ったとき、すでに他の欲望を我慢した後では、そうでない場合よりも
欲望に負けやすく、特に我慢してから間がない場合には、負けてしまう率が高か
ったという。

●51ページ
実験をするたびに以下の二つの教訓が浮かび上がってくる。
?意志力の量には限りがあり、それは使うことで消耗する。
?すべての種類の行動に用いられる意志力の出所は一つである。

●54~55ページ
生活の上で何かを大きく変えなければならないときに、他のことも同時に変えよ
うとすると、努力の効果が薄れてしまう。(中略)
何よりもしてはいけないのが、新年の抱負をリストアップすることだ。(中略)
リストにずらりと並んだ目標を実現するだけの意志力を持った人などいないのだ。
何か新しい運動プログラムを始めようと思ったら、同時に家計の見直しをしよう
としてはいけない。

●69ページ
グルコースなくして意志力なしというわけだ。被験者と条件を変えて同様の実験が
繰り返されているが、そのたびにグルコースと意志力との間には関係があるという
結果が出ている。

●202ページ
メタ分析によるもう一つの思いがけない発見は、自己コントロールは仕事や勉強に
は役立つが、食事とダイエットに関してはあまり効果を発揮しないと言うことだ。

●269ページ (自己コントロール能力を向上させる方法として)
もっと年齢が上の子供たちは、もう一つの批判の的、テレビゲームからも同じ利益
を得られる。

●298ページ
「これはあとで食べられる」と自分に言い聞かすことが、頭の中では、実際に食べ
るのと似た働きをすると示唆される。

●325ページ
楽しみを先延ばしした人はたいてい旅行や他の計画を実行しなかったことを公開す
る。仕事にしろ遊びにしろ、攻めの戦略を取ったほうがストレスは少なく満足感が
高い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき 〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日々の仕事をし、生活していくためには、自分をコントロールすることが必要です。
疲れているときの不用意な一言で、将来に禍根を残すこともあります。
どのような時に、そんな発言・態度をとってしまいがちなのか? それを意識し、
自分でそのような状態にならないようコントロールしていきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 4)本書の目次 〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
はじめに 幸せと成功の鍵
第1章 意志力とは何だろう?
第2章 意志力のもとになるエネルギーを高める
第3章 計画を立てるだけで効果あり
第4章 決定疲れ
第5章 自分を数値で知れば、行動が変わる
第6章 意志力はこうして鍛える
第7章 探検家に秘訣を学ぶ
第8章 特別な力
第9章 能力を伸ばすのは、自尊心より自制心
第10章 ダイエットせずに減量を成功させる
結論 守りよりも、攻めの戦略を

関連記事

  1. 脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める

  2. デザイン思考が世界を変える〜イノベーションを導く新しい考え方〜

  3. 最短で達成する 全体最適のプロジェクトマネジメント(Vol140…

  4. 物を売るバカ 売れない時代の新しい商品の売り方

  5. 会社に頼らないで一生働き続ける技術

  6. 独裁力 ビジネスパーソンのための権力学入門

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. 日経テクノロジー展望2018 世界を動かす100の技術
  2. まんがでわかる 地頭力を鍛える
  3. シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件
  4. 脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める
  5. 多動力
  6. 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
  7. DREAM WORK PLACE
  8. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  9. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  10. コクヨの3ステップ会議術
ページ上部へ戻る