閉じる
  1. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  2. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  3. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
  4. 捨てられる銀行2 非産運用
  5. 「残業ゼロ」の仕事力
  6. 雑誌掲載
  7. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
閉じる
閉じる
  1. 多動力
  2. 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
  3. DREAM WORK PLACE
  4. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  5. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  6. コクヨの3ステップ会議術
  7. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  8. 捨てられる銀行2 非産運用
  9. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  10. 東芝解体 電機メーカーが消える日
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

グーグルに学ぶディープラーニング

こんにちは。本シェルジュの野口栄美です。

ITにあまり興味がない方でも、「人工知能がプロ棋士に勝利した!」
というニュースは、記憶にあるのではないでしょうか。

「ディープラーニング」、「人工知能」、「機械学習」という言葉を
最近よく耳にするかと思いますが、正直、あまり違いがわからない、、、
難しそうで近寄りたくない、、という方も大勢いらっしゃるかと思います。
私もその一人でした。

ただ、何か面白いことができるんじゃないか?人間を助けてくれるように
活用してくれるんじゃないかな?っという期待もぼんやりと持っています。

ビジネスだけでなく、私たちの生活もとても便利になるかもしれません。

まずは基礎、超入門から学んでみようかと思います。

「ディープラーニング」、「人工知能」、「機械学習」の違いがわかる
だけでも、AIアレルギーがなくなるかもしれません!

その可能性を秘めた本をご紹介しますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1)本日紹介する書籍
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グーグルに学ぶディープラーニング
日経BP社 (2017/1/30 第1刷発行) 183ページ
杉山 俊幸 (著)
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/259920.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2)本書を選んだ理由    どんな人が読むべき?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ディープラーニング」、「機械学習」という言葉は、私が仕事をしている
中で非常によく出てきます。
ただ、はっきり違いが認識できていなく、ぼんやり会話をしていたことが
多々ありました。

また、AIの恩恵が受けられるのは大企業だけであって、中小企業には、
まだまだ関係ないとも思っていました。

この本は、「ディープラーニング」、「人工知能」、「機械学習」の違いを
わかりやすく解説してくれ、そして大企業であるGoogle社の先進事例だけで
なく、日本企業による身近な業務改善事例も紹介してくれています。

ディープラーニングについて少し知っておきたいな、中小企業でもAIが
活用できるのかなっと、考え始めてる方にぴったりの一冊です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3)付箋 ~本書からの内容抽出です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
P.22
ここまで大企業の話を中心にしてきましたが、中小企業でも人工知能の進化の
恩恵が受けられるようになってきました。

P.28
まず、大きな答えとしては、機械学習もディープラーニングも、人工知能を
実現するための手法だということです。

P.38
スマートフォンが普及した近年は、モバイルを第一に価値を考える「モバイル
ファースト」の重要性が、多く語られてきました。グーグルはもちろん、多く
の企業が「モバイル」を第一義にしてサービスやビジネスを展開しなければ
ならないと認識し、実践に移しています。しかし、ピチャイCEOは、今後は
モバイルファーストから「AIファースト」に注力していくのだと宣言しています。

P.88
■人間の目を超える、ものを見分ける画像認識
ディープラーニングの利用が進んでいる分野の1つに、画像認識があります。

P.109
グーグル翻訳は私たちに外国語を使ったコミュニケーションの新しいかたちを
提供してくれています。

P.126
ディープラーニングをはじめとする人工知能は、グーグルのような世界的な
IT企業だけでなく、日本国内の大企業から中堅・中小企業でも活用が始まって
います。

P.159
目的について改めて整理すると、以下の3項目になります。
1.コスト削減
2.付加価値を高めて新たなビジネス機会を創出
3.クリエイティブ性の向上

P.170
ディープラーニングによるビジネス競争の大波が到来するのは、まだ先で
しょう。その前に自社の状況を整理し、小さな実験を始め、活用の可能性を
探ってみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4)今日の気づき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ディープラーニング」、「人工知能」、「機械学習」の関係性が明確に
なり、少し頭がすっきりしました。

日本でも、中小企業でも、ディープラーニングで業務効率化がどんどん
始まっているようです。
自動運転や大企業の研究開発だけでなく、日々の業務改善にも使われている
ようです。

たくさんのデータが手に入る今、膨大なデータをどのように活用していく
のかを考えるのが重要であり、まだまだ人間の力が必要です。

新しい未来を恐れることなく、楽しんで行きたいですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5)本書の目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
序 章 ディープラーニングがすべてのビジネスを変える
第1章 <超入門>人工知能と機械学習とディープラーニングはどう違う?
第2章 <入門>ディープラーニングの仕組み
第3章 <グーグル事例編>グーグルのディープラーニング活用事例
第4章 <企業事例編>ディープラーニングで業務効率化、国内で続々始まる
第5章 <活用フレームワーク編>データ×目的で整理し、活用の展開図を描こう
第6章 <将来展望編>ディープラーニングが課題を解決する未来へ
グーグルクラウド・マシンラーニング・グループ研究責任者のジア・リーさんに聞く

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グーグルに学ぶディープラーニング
日経BP社 (2017/1/30 第1刷発行) 183ページ
杉山 俊幸 (著)
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/259920.html

関連記事

  1. もっとも美しい数学 ゲーム理論

  2. 誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち

  3. ロボット革命 ―なぜグーグルとアマゾンが投資するのか

  4. ロボットは東大に入れるか

    ロボットは東大に入れるか

  5. Vol1_脳科学の壁

  6. 行動経済学 経済は「感情」で動いている

おすすめ記事

  1. 捨てられる銀行2 非産運用
  2. 「残業ゼロ」の仕事力
  3. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  4. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  5. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載

献本について

記事

  1. 多動力
  2. 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
  3. DREAM WORK PLACE
  4. いちばんやさしい ブロックチェーンの教本
  5. 企業診断ニュース9月号でAIの記事を書きました。
  6. コクヨの3ステップ会議術
  7. 筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術
  8. 捨てられる銀行2 非産運用
  9. サービス経営学入門: 顧客価値共創の戦略経営
  10. 東芝解体 電機メーカーが消える日
ページ上部へ戻る