閉じる
  1. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  2. 捨てられる銀行2 非産運用
  3. 雑誌掲載
  4. 「残業ゼロ」の仕事力
  5. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  6. やさしい行動経済学
  7. 仕事ができる人の最高の時間術
  8. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  9. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
閉じる
閉じる
  1. 聖の青春
  2. トヨタの強さの秘密 日本人の知らない日本最大のグローバル企業
  3. スマート工場のしくみ IoT、AI、RPAで変わるモノづくり
  4. 決断力
  5. 仕事を高速化する「時間割」の作り方
  6. 未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること
  7. 10年後の仕事図鑑
  8. 自分をバージョンアップする「外食の教科書」
  9. 1日10秒マインドフルネス
  10. AIに振り回される社長 したたかに使う社長
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

戦略参謀―――経営プロフェッショナルの教科書

こんにちは。本シェルジュの岩永です。
今回が2回目となります。
前回は、少し古い本をご紹介いたしましたが、今回は新刊のご紹介です。

いわゆる「ビジネス小説」と呼ばれるジャンルの本です。
この手の本は、当たりとハズレが両極端になる傾向がある気がしますが、
本書は、「大当たり」だと思います。
小説パートと解説パートが並行しており、若い人にも読みやすい内容に
なっています。
<目次>
1)今日のオススメの一冊
2)付箋
3)今日の気づき
4)本書の目次

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)今日のオススメの一冊                   〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

戦略参謀―――経営プロフェッショナルの教科書
稲田 将人 (著)
ダイヤモンド社 (2013/8/30) 428ページ

今回の登場人物紹介
◆I部長:新規事業の事業部長
◆K太:入社7年目の主任
-----------------------------

K太:部長、すいません。任されていた商談、失注しました(>_<)

I部長:そうか。それは、残念だったな。K太なりに、なぜ受注できなかった
かの分析はできているのかい?

K太:はい、それはできています。ある程度まとめているので、
いつでも提出することはできますが、ただ、多少、事業のあり方そのものへの
批判めいたことも入ってしまうのですが、大丈夫でしょうか…?

I部長:もちろんさ。むしろ、そういった失敗事例からどんどん、改善点を
吸収して、方向修正をしなければならないんだからウェルカムだよ!
我々は、既存事業とは異なった新しいことをやっているんだ。どんどん
PDCAを回していかなければならないんだ。

K太:部長、ありがとうございます(;ω;)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋 ~本書からの内容抽出です              〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第2章 「バケツの中身」が重要だ より
・「本来重要なのは、失敗を賞賛する文化づくりだ。」P.96
・「企業がずっと成長していくためには、新しいことに挑戦し続ける必要がある。
そして、あたらしいことへの挑戦には常に失敗のリスクがつきまとう」P.97
・費用と手間をかけたせっかくの失敗を、失敗したという事実だけを残して
放置してしまうことほど、もったいないことはない P.134
・PDCAが回っていない理由は、いくつも挙げられますが、その根にあるのは、
「人、性善なれど、性怠惰なり」ということです。P.135
■第3章 経費削減と経費低減は違う より
・「経費低減は本来、企業が定常的に行っていかなければいけないもので、
費用対効果を考えて、経費を上手に使う、安定的な利益確保のための活動の
ことだ。決して、号令をかけて、経費をばさっと切るようなものではない」
P.158~159

■第8章 社内の「憑き物落とし」 より
・「基本は、目的を明確にした上での制度、しくみを構築し、よい文化を
維持する仕掛けをするということにつきるのだ。企業においては、創業時の
精神が残っている時に、これらの、制度、しくみ、文化などをきちっと
つくっていくことが一番望ましい」P.421

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき                       〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ビジョナリー・カンパニー」では、偉大な企業の創業者というものは、
「時を告げるのではなく、時計をつくる」と書いてありましたが、同様の
ことを本書を読んで感じました。創業者は、個人の経験則の中で仮説検証を
行っている。しかし、2代目以降になると、経験が不十分であるために
うまくPDCAを回ることができない。だからこそ、経営者の意図を組んだ
「参謀」が必要であると。
本書は、小説としても楽しめました。最後のくだりは、まるで京極夏彦を
読んでいるような印象でした♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 4)本書の目次                        〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次:
第1章 高山、最初の地雷を踏む
第2章 「バケツの中身」が重要だ
第3章 経費削減と経費低減は違う
第4章 社員がやる気になる人事制度とは
第5章 起死回生の販促プラン
第6章 混沌のなか、海図を求める
第7章 新業態を立ち上げる
第8章 社内の「憑き物落とし」
戦略参謀―――経営プロフェッショナルの教科書
稲田 将人 (著)
ダイヤモンド社 (2013/8/30) 428ページ

関連記事

  1. 1人で100人分の成果を出す軍師の戦略

  2. Vol.97 小説 三井高利

  3. 使える経営学

  4. ドラッカーと会計の話をしよう(Vol37)

  5. 400億

    30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理…

  6. 「見せかけの勤勉」の正体(村上_Vol81)

おすすめ記事

  1. やさしい行動経済学
  2. 仕事ができる人の最高の時間術
  3. 捨てられる銀行2 非産運用
  4. 「残業ゼロ」の仕事力
  5. 会社に頼らないで一生働き続ける技術

献本について

記事

  1. 聖の青春
  2. トヨタの強さの秘密 日本人の知らない日本最大のグローバル企業
  3. スマート工場のしくみ IoT、AI、RPAで変わるモノづくり
  4. 決断力
  5. 仕事を高速化する「時間割」の作り方
  6. 未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること
  7. 10年後の仕事図鑑
  8. 自分をバージョンアップする「外食の教科書」
  9. 1日10秒マインドフルネス
  10. AIに振り回される社長 したたかに使う社長
ページ上部へ戻る