閉じる
  1. 世界史の流れを掴みたいならこれ → いちばんシンプルな世界の歴史
  2. 捨てられる銀行2 非産運用
  3. 雑誌掲載
  4. 仕事ができる人の最高の時間術
  5. 泣きたいときに読むべき7つの小説(村上)
  6. 会社に頼らないで一生働き続ける技術
  7. やさしい行動経済学
  8. 「残業ゼロ」の仕事力
  9. 本シェルジュtheStory~企業診断ニュース6月号掲載
閉じる
閉じる
  1. AIに振り回される社長 したたかに使う社長
  2. 働く君に贈る25の言葉
  3. ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
  4. 教養としてのテクノロジー AI、仮想通貨、ブロックチェーン
  5. RPA革命の衝撃
  6. 新版 ひとり社長の経理の基本
  7. 自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考…
  8. 「言葉にできる」は武器になる。
  9. いい会社ってどんな会社ですか?
  10. 21世紀を生き抜く3+1の力
閉じる

ビジネス書書評の本シェルジュ

組織変革のビジョン

□■本シェルジュがオススメする今日の一冊■□ Vol.204 2013.11.5

こんにちは。
本シェルジュ・イレギュラーズの村木です。

11月に入り、早いもので今年も残すところあと2カ月弱となりました。
冬がすぐそこまできています。寒さで風邪をひかないよう健康管理には
気を付けて毎日をお過ごしください。

さて今日は、組織変革の本をご紹介します。

変化の激しい時代において、組織も個人も変わることを求められる場面が
多いですが、そもそも組織変革とはなぜ必要なのか、どのようなビジョンを
設定し、どのようなリーダーシップを発揮するとよいか?などについて、
研究者の立場から解き明かした本です。

所属する組織などにおいて、何かを変えたいと思われている方にとっては、
とても気づきが多い本と思います。ぜひお手にとってみてください。

<目次>
1)今日のオススメの一冊
2)付箋
3)今日の気づき
4)本書の目次

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 1)今日のオススメの一冊                   〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
組織変革のビジョン
金井壽宏(著)
光文社(2004/8/20)254ページ

今回の登場人物紹介
◆A子:若手社員
◆B子:頼れる先輩
-------------------------------
A子:この前上司との会話で「組織変革」っていうキーワードが、
   出てきたのですが、そもそも組織を変えるってどういうこと
   なのでしょうか?

B子:組織を変えるということは、その組織にいる大勢の人の発想や
   行動が変わることを指すの。

A子:なんだか難しそうですね。
   それってどうすれば実現できるのでしょうか。

B子:まずこの本を読んでみて。そして実践してみることが大切よ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 2)付箋 ~本書からの内容抽出です              〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
注)ページ数は、2012/10/10、初版第5刷のものです。

■P.179より
アジェンダ設定とネットワーク構築が十分におこなわれ、リーダーの
エクスキューションへの意気込みが示される必要がある。そしてなに
よりも、一度着手した変革はなにがなんでもやり遂げなければならない。

■P.185より
変革では、しばしば走りながら考えることが大切になる。逆に、考えながら
走ることが変革を失敗させない要素ともいえる。

■P.195,196より
変革プロジェクトに大きな絵が必要なことはもちろんとして、その夢とか
絵を本気で語るとき、ひとは熱くなる。本気で信じて夢を語る姿は、周り
のひとをついていこうという気にもさせる。

■P.230より
ビジョンが?生き生きとしてビジュアルにあるべき姿を描き、?そこに
至る筋道や歩みの元気づけとなり、?それゆえに腑に落ちる(センス・
メイキングに役立つ)ビジョンなら話は違うと言う。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 3)今日の気づき                       〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
組織変革には、周囲を巻き込んでいけるビジュアルなビジョンが必要である。
と同時に、なにがなんでも変革をやり遂げるという強い信念が重要となる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓 4)本書の目次                        〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まえがき
プロローグ うちの会社も、どこの会社も
第1章 個人にとって組織とはなにか
第2章 なぜ組織変革が必要なのか
第3章 変革を動機づける
第4章 組織変革を阻むもの
第5章 組織変革のリーダーシップ
第6章 組織変革のビジョン
あとがき
参考文献

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
組織変革のビジョン
金井壽宏(著)
光文社(2004/8/20)254ページ

関連記事

  1. 凡才の集団は孤高の天才に勝る―「グループ・ジーニアス」が生み出す…

  2. 独裁力 ビジネスパーソンのための権力学入門

  3. 「人を動かす」(Vol.100)

  4. キリンビール高知支店の奇跡

  5. ライク・ア・ヴァージン リチャード・ブランソン

  6. (Vol132)トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈3〉知…

おすすめ記事

  1. やさしい行動経済学
  2. 仕事ができる人の最高の時間術
  3. 捨てられる銀行2 非産運用
  4. 「残業ゼロ」の仕事力
  5. 会社に頼らないで一生働き続ける技術

献本について

記事

  1. AIに振り回される社長 したたかに使う社長
  2. 働く君に贈る25の言葉
  3. ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
  4. 教養としてのテクノロジー AI、仮想通貨、ブロックチェーン
  5. RPA革命の衝撃
  6. 新版 ひとり社長の経理の基本
  7. 自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方
  8. 「言葉にできる」は武器になる。
  9. いい会社ってどんな会社ですか?
  10. 21世紀を生き抜く3+1の力
ページ上部へ戻る